自宅で簡単に割れ爪ケア☆道具と3つのおすすめ方法をご紹介!

公開日:

投稿日:

体の中で一番使うと言っても過言ではない手。その指先についている爪は、お悩みを抱える方が多いのではないでしょうか?
ちょっとぶつけてしまって爪にひびが入ってしまったり、すぐ二枚爪になってしまったり…。
今回はそんなときに知っておくと便利な割れ爪のケア方法をご紹介します。爪が割れてくると切ってしまう方や、絆創膏を貼ってとにかく我慢している方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめの割れ爪ケアはこの3つ!

私が普段からやっているおすすめの割れ爪ケアは3つあります。

① ネイルハードナーやジェルを塗る
② ネイルグルーで割れた爪を接着する
③ アクリルでがっちり固定する

手軽さや割れ具合に合わせて使い分けています。
道具の特徴や塗り方(持ち具合やコツ)など、ひとつずつ説明していきますね。 

スポンサーリンク

①ネイルハードナーやジェルを塗る方法

手軽さはNo.1♪割れ爪の予防や、ほんのちょっとの傷におすすめ。
爪って少しでも亀裂が入ると、どんどん進行していくので早めのケアが大事ですよ!

予防としてネイルハードナー

ネイルハードナーは主に予防として使います。
ネイルハードナーは、トップコートのような透明または半透明な液体で、今回ご紹介するのはセリアのベース&ハードナーです。価格はドラックストアやネット通販で500円程度~、セリアやダイソーなどの100均でも購入できます♪

ネイルハードナーの特徴

手軽なうえに、保湿したり栄養を与えて徐々に爪を強くしてくれる効果が期待できるものもあるので、爪が薄くて割れやすい方におすすめです。
オフするときに除光液を使うとかえって爪が痛むので、3日に1回くらい上から塗り重ねて、1~2週間はつけっぱなしにしましょう。ただし亀裂が入ってしまうと、進行を止めるのは難しいかもしれません。

準備するもの

○ ベース&ハードナー(セリア)

塗り方

1.マニキュアのように爪に塗って乾かすだけでOK♪

小さな傷にジェル

ジェルはごく小さな傷などに使います。
ジェルは、爪に塗って専用のライトを当てると固まるジェル状の液体で、割れ爪が進行しなければジェル自体は2週間くらい持ちます。カラージェルの他にベースコートとトップコートがありますが、割れ爪のケアが目的ならオールインワンのクリアジェル(透明)が手軽です。

ジェルの特徴

ネイルハードナーより少しカバー力があるのがジェルです。
ジェルを塗ると割れ爪って治るの?と不思議に思うかもしれませんが、爪をコーティングするのである程度効果があります。

お仕事上、ネイルNGという方はクリアカラーを使うと良いでしょう。マットなトップコートを使えば、何もつけてない自爪とほぼ同じ感じになりますよ。
こちらもアセトンを使ってオフすると爪が痛むので、カラーチェンジは控え目にした方が安心です。

準備するもの

○ 消毒用のエタノール
○ LEDライト(Dear Laura)
○ 剥がせるベース(ネイル工房)
○ ALL IN ONEクリアジェル(ネイル工房)
○ ジェル筆
○ キッチンペーパー

クリアジェルはネット通販でも購入できて、プチプラなジェルだったら500円くらいで売っていますよ。専用のLED(UV)ライトは3,000円くらいが相場ですが、割れた爪1~2本だけに使うならペンライト型のライトが数百円からあります。また、エタノールはドラックストアやネット通販でも手軽に購入できますよ。

消毒用エタノール アルコール

photo by Amazon

商品をもっと見る

塗り方

1.爪を石鹸で良く洗って油分を流します。
さらにアルコールで拭いたり、pH調整剤を使ったりするとより持ちが良くなります。

2.ジェル筆を使って、爪にベースジェルを塗ります。

3.LEDライトでジェルを硬化します。

4.硬化した爪の上にトップジェルを塗ります。今回はオールインワンタイプなので、トップもベースも同じジェルを使います。
ここでマットトップコートを使うと艶消しになりますよ。

5.アルコールをつけて爪を拭きます。

ジェルは硬化したあとにちょっとベタベタした感じが残るので、キッチンペーパーに消毒用アルコール(エタノール)をつけて爪を拭きます。
(ただし、ノンワイプタイプのジェルなら拭き上げの必要はありません。)

拭き上げ後にスポンジファイルという爪やすりで、表面を削っても艶消しになります。艶消しすると光らないので、男性にもおすすめですよ。

おすすめの基本キットはコチラ

ネイル トライアルセット

photo by Amazon

商品をもっと見る

スポンサーリンク

②ネイルグルーで割れた爪を接着する方法

ちょっとでも爪が割れちゃったというときは、亀裂がどんどん進行するのを抑えるためにネイルグルーで止めましょう。

割れ爪にネイルグルー&シルクラップ

ネイルグルーはさらっとした接着剤で、割れ爪を止めるときやつけ爪をつけるときに使います。
さらにシルクラップと呼ばれる、薄い布のようなものを貼ると断然強度があがりますよ。なければティッシュペーパーで代用するのもありです◎

こちらがネイルグルーとシルクラップ。

ネイルグルーは100均なんかでも購入することが可能!こちらはセリアで購入しました。
シルクラップは300円くらいからネット通販などで購入可能です。

ネイルグルー&シルクラップの特徴

瞬間接着剤で止めたように仕上がるので、ネイルハードナーなどよりは効果ありです。仕上げにジェルでコーティングすると、水にも強くなり強度がアップ。でも亀裂が大きい場合には、1週間持つかどうかというところです。
100円でできるので、爪が少し伸びるまでやサロンに行くまでの応急処置にお試しください♪(因みに爪は1か月で1mmほど伸びます。)

準備するもの

○ ネイルグルー(セリア)
○ シルクラップ
○ ピンセット
○ はさみ

塗り方

1.爪を石鹸で良く洗って油分を流します。

2.シルクラップを、爪の亀裂部分より少し大きく切ります。

3.ネイルグルーを爪の割れたところにつけます。

ポイント

亀裂を広げないように気をつけながら、少し割れ目を開けるとグルーが入りやすくなります。

4.ネイルグルーをつけた上に、サイズを調整したシルクラップをのせます。

5.ネイルグルーをシルクラップに塗ります。
ネイルグルーを浸み込ませるように塗ると、シルクラップ(やティッシュペーパー)が目立たなくなります。

6.ジェルやマニキュアのトップコートを塗ります。
トップコートで、シルクラップを貼った部分の凸凹を隠して、さらにコーティング補強します。

③アクリルでがっちり固定する方法

大きく割れちゃったけどネイルサロンに行く時間がない、というときはアクリルでがっちり固定するのがおすすめ。個人的にこれが最強です!

しっかり固定するアクリル

アクリルとはスカルプをつけるときや、ストーンを盛ったりするときに使うものです。

アクリルの特徴

ネイルグルーで接着することに比べると少し面倒ですが、アクリルはすごく丈夫で柔軟性がある素材なのでとても持ちが良いです。スカルプをするのとは違うので、つけ方も割と適当でOK♪アクリルをのせた後にジェルを塗ると、爪の見た目も良く水にも強くなりますよ!また、爪が少し欠けてしまったという場合にも、欠けた部分を埋めることができます。
※アクリルは可燃性で臭いがキツく、お部屋に充満すると頭が痛くなったりもするので、風通しの良いところで使いましょう。

準備するもの

○ ダッペンディッシュ
○ アクリルリキッド
○ アクリルパウダー
○ ファイル(爪やすり)
○ 筆
○ ネイルグルー(セリア)

ダッペンディッシュはリキッドを入れる容器で、小さな瓶でも代用可能。
ファイルもネット通販で100~200円程で販売されています。ファイルの目の粗さは180Gくらいがおすすめですよ。また、スカルプ用のトライアルセットもネット通販で2,000円程から販売されているので、「しょっちゅう爪が割れてしまって困る」という人は自宅に1つ置いておくと便利ですよ。

塗り方

1.爪を石鹸で良く洗って油分を流します。

2.亀裂が入ったところの周りにやさしくファイルをかけます。

3.ネイルグルーを塗ります。
亀裂を広げないように気をつけながら割れ目を少し開けると、グルーが入りやすくなります。

4.アクリルリキッドを少しダッペンディッシュに入れます。

5.筆にアクリルリキッドをつけ、アクリルパウダーの上に筆をポンとのせます。

6.5を爪の上にのせます。

7.ファイルで削って平らにします。
しばらくすると固まるので、凸凹しているような箇所を少しだけ削って軽く平らに。あまり削り過ぎるとせっかくのせたアクリルが、薄くなってしまうので注意です。

8.ジェルを塗り、LEDライトで硬化します。
写真でわかるように、ひねってみてもしっかりしていて、かなり補強されていますよ。

スポンサーリンク

道具と方法をおさらい

手軽さや割れ具合に合わせてネイルハードナーやジェル、ネイルグルー、アクリルの3つの方法をご紹介しました。最後に、割れ爪のケア方法をおさらいしましょう♪

予防や小さい傷のときは「ネイルハードナーやジェルを塗る
ネイルハードナーはマニキュアのように塗って、ジェルはライトで硬化させることでコーティングできます。

割れ爪のときは「ネイルグルーで割れた爪を接着する
ネイルグルーは爪用の接着剤で、100均でも手軽に買えますよ。

しっかり補強したいときは「アクリルでがっちり固定する
一番しっかり固まるのはアクリルで、ネット通販などで売っているスカルプ用のセットを使うと手軽にできます。

爪 ケア

割れ爪は放っておくと、亀裂がどんどん進行してしまいます。今回の方法を参考にし道具を使い分けて、ぜひ早めのケアを心がけてくださいね。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

All Ranking

New

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.