伸びた爪はリペアでもっと美しく♡長持ちジェルネイルの秘訣

公開日:

更新日:

ジェルネイルは個人差がありますが、だいたい3週間から4週間保つといわれています。
まだ綺麗についてるし、気に入ったデザインを全部オフしてしまうのはもったいない・・・
そんな方は、リペアで長持ちさせちゃいましょう!
今回はジェルネイルのリペア方法と、ジェルネイルを長持ちさせる方法をご紹介します♪

リペアとは?

リペアとは、【伸びた部分や浮いてしまった部分を削り、その部分に新たなジェルを乗せていく方法】のことをいいます。
また、【割れてしまった部分を補修すること】も、リペアといいます。
ネイル リペア

ジェルがあまりにも浮きすぎてしまっている場合は、さらにジェルを乗せてしまうと緑膿菌という細菌感染が原因で、爪が緑色に変色してしまう”グリーンネイル”になってしまう恐れがあります。
ジェルが浮きすぎている場合はリペアではなく、完全にオフしたほうが◎

ジェルの状態を良く確認して、リペアにするかオフにするか決めてくださいね。

スポンサーリンク

リペアに挑戦してみよう♪

リペアの手順♪

1.爪の根元を粗目のファイルで削ります。
リペア 手順

ポイント

ジェルが乗っているところと、自爪の境目が平らになるような感覚で削っていきましょう。
削り過ぎないように気をつけてくださいね。

2.エタノールでよく消毒し、油分や水分を取ったらベースジェルを伸びた部分に塗って、硬化します。
リペア 手順
3.伸びた部分に、同じ色のジェルを塗り硬化していきます。
このとき、多少の段差ができますが、あとでトップジェルを乗せるので、気にせず塗りましょう。
アートが削れてしまったら、描き足して硬化します。
リペア 手順
4.最後に、全体的にトップジェルを厚めに塗って硬化したら完成です☆
リペア 硬化

Before → After

伸びた部分を上手にリペアすれば、塗りたてのような艶も戻り、長持ちしてくれます♪
リペア
気に入ったジェルネイルを完全にオフしなくても、リペアをすれば元通りの美しさを保つことができるんです♪

ジェルネイルを長持ちさせるには・・・

ジェルネイルを長持ちさせるためには、普段の生活でちょっとしたことに気をつけることで、長く保つことができるんですよ。

・水仕事の際は、ゴム手袋をする。

・パソコン作業が多い人は、指の腹で打つようにする。

・ネイルケアを心がける。
ジェルネイル 長持ち 方法
ただし、水泳や温泉、サウナなどによく行く人は、比較的剥がれやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
今回は、お気に入りのネイルをリペアする方法をご紹介しました♪
せっかく気に入っていたデザインだったのに、全部オフしてしまうのがもったいない人は、ぜひこのリペアをやってみてくださいね。
ジェルネイル

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.