玄関を簡単にリノベーション☆自分の好みに早変わり♪

更新日:

投稿日:2019/01/18 更新日:

昔から玄関を見れば、そこに住む人が分かる!といわれています。
だからこそ、『玄関』は疎かにしてはいけない場所ですよね。
今回は、「ドア」と「土間」を簡単にセルフリノベーションする方法をご紹介します♪

リノベーション前の玄関の土間

年数経過の為、劣化した玄関の土間。
まずはこの土間を、魅力的な土間へと変身させていきましょう♪

用意するもの

〇 クッションフロア(ホームセンターやネットでも販売していますよ)
〇 強力両面テープ(クッションフロアを床に貼りつけるため)
〇 カッター、ハサミ(クッションフロアをカットします)
〇 メジャー(土間を測る)

スポンサーリンク

それでは手順に入っていきます♪

1.コーナーの出っ張りがある場合、広告や新聞紙で型を取ります。

2.次に、型取りをクッションフロアの上に置き、鉛筆で目印をつけてハサミでカットします。

3.クッションフロアを玄関の土間に合わせ、微調整していきます。

4.微調整が終わったら、クッションフロアの裏側に両面テープを貼ります。

5.土間に貼っていきます!

6.余分なクッションフロアをカットしたら完成です
(クッションフロアは、ハサミやカッターで簡単にカットできますよ♪)

コーナーや出っ張りの型取りさえクリアできれば、ラグを敷くような作業なので簡単ですよ♪

次は、玄関のドア♪

この引き戸をリノベーションしていきます☆

用意するもの

〇 紙やすり(下地作りのために使用します)
〇 ミッチャクロン(塗料下地)
〇 ペンキ(お好きな色)
〇 養生シート(新聞紙でも代用できます)
〇 マスキングテープ(汚れたら困る部分には、必ずマスキングテープを!
〇 ローラー、ハケ(狭い部分はハケで、広い部分はローラーと使い分けてくださいね♪

スポンサーリンク

下地を作って、いざペイント!

1.紙やすりで、ペイントしたい場所を削りましょう。

実は、ペイントよりも下地作りが重要なんです♪

下地作り

表面を削ることで、塗料にキズが入っていきます。
これで”色がのる”状態に。
この作業をすれば、アルミサッシなどもペイントできますよ♪

2.ミッチャクロンをスプレーして乾燥させます。

紙やすりで表面を整えて、塗料下地を使用することでペイントを長持ちさせる効果があります!

3.塗りたくない部分は、マスキングテープで養生します。

4.狭い部分はハケ、広い面積にはローラーと使い分けてペイントしていきます。

ポイント

一度でキレイに塗ろうとしないこと!
薄く塗り、しっかり乾燥させてから塗り重ねていくと、キレイに仕上がりますよ♪

5. 内側は完成です♪

6.外側も同じ手順でペイントして完成です!

色が変わっただけで、雰囲気が変わりますよね

まとめ

”クッションフロア”と”ペイント”をリノベーションするだけで、玄関が劇的に変わります!
マンションなどにお住まいの方は、玄関に雨風が入ってこないので、リメイクシートを使うのもオススメ◎

家の第一印象は『玄関』で決まります!
素敵な玄関で、さらなる幸せを…♡

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

All Ranking

New

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.