簡単DIY♪100均のフォトフレームで海外ドア風に♡

公開日:

更新日:

洋書で登場する、モールディングのついたデコラディブなドア。
見ているだけで夢見心地になり、洋書の中に入ってしまいたい!と思ってしまいますよね
でも実は、100均アイテムを利用し、工具を使わずに簡単にアレンジできます!
それでは、海外ドア風へとリメイクするアイデアをご紹介します。

※モールディング…刳形(くりかた)ともいわれる。
ドアまわりや窓枠、家具などの枠縁どり。

リメイク前の合板ドア


日本の建具でよく見かける、茶色や白の合板ドア。
シンプルで掃除しやすいのが利点ですが、
「ちょっぴり物足りないな~」
「このドアなんとかしたいな!」
と思っているオトナ女子の方とっても多いですよね。
そこで今回は、面倒な工具を使わず、女性でも簡単にできる方法で、海外インテリアに登場するドアへと変身させます♪

用意するもの



○A3フォトフレーム … 3枚
(ダイソーで購入しました。)
○木工用ボンド
○マスキングテープ
○塗料
○ミッチャクロン(塗装下地)
○ペンチ
○ローラー
○ハケ
○養生(ようじょう)シート
※養生シート…物を保護する為に敷くビニールシート

手順

1.ドアをペイントする前に、拭き掃除をします。
汚れ具合をみて、洗剤を使って汚れを落としてから、パーツクリーナー(車用品)でしっかりと油分や汚れを落とします。

2.ドアの取っ手を外し、ミッチャクロンをドアにスプレーします。
※ミッチャクロンとは合板ドやプラスチックなど、表面がツルっとした素材などにはペンキが密着しません。
下地処理をしっかりと行っていないと、約3ヶ月ほどでペンキが剥がれてしまうことも。
そうならないためいも、面倒なヤスリ掛け不要の『ミッチャクロン』は、1本あると便利ですよ♪
※ミッチャクロンを使用する際、目に入らないようサングラスで目を覆ってくださいね!!

3.ミッチャクロンが乾いたら、好きな色のローラーとハケを使いペイントしていきます。
※室内でペイントする際は、マスキングテープなどで、養生(必要でない場所に塗料が付かないよう、保護する工程)をしっかりとします。
広い面はローラーで、細かな部分はハケと使い分けるといいですよ◎
ペイントしたら、1~2時間ほど乾燥させ、2度塗りします。

4.色ムラが気になるようなら、3度塗りをすると、さらにキレイな仕上がりに!
後は乾燥するのを待ち、ドアペイントは完成です♪

モールディング部分工程


1.フォトフレームの後ろの金具を外します。
(ペンチを使用します。)
2.フォトフレームにミッチャクロンをスプレーし乾燥させます。
3.フォトフレームをペイント。
(ローラーとハケを使い分ける。)
4.フォトフレームが乾燥したら、ドアのどの部分につけるかをスケールで測り、位置を決めマスキングテープで仮止めします。
バランスをみて、位置をしっかり確認してくださいね♪
5.木工用ボンドで貼り付け、マスキングテープで固定します。
6.24時間後、マスキングテープを剥がし完成。

まとめ


いかがでしたか?
フォトフレームは好みで、縦に貼るなど さまざまにアレンジ可能です。
ぜひ、海外ドア風チャレンジしてくださいね♪
最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.