節分の日がラストチャンス!金運アップが得意の神様『穴八幡宮』へ行こう♡

公開日:

更新日:

今年こそは、金運UP!!そう思っている方、必見です。
東京都早稲田にある、知る人ぞ知る!
穴八幡宮(あなはちまんぐう)の一陽来復(いちおうらいふく)のお守りをご紹介します♪

穴八幡宮

子どもの夜泣きや金運融通・商売繁盛、に蟲封じ(むしふうじ)のご利益があることで有名な穴八幡宮。
他にも浮気が止まるなど、色々なご利益があるとか…。

住所

東京都新宿区西早稲田2-1-11

営業時間

2月3日(節分)までは、朝9時~17時まで。

アクセス

電車の場合 → 東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩で3分
車の場合 → 首都高5号線早稲田出口から車で4分

駐車場

参道周辺にコインパーキングがあります。

料金

一陽来復御守:800円

スポンサーリンク

冬至から節分までがチャンス♡

江戸時代から販売されている『一陽来復』は金運アップ、お金の回りが良くなる御守りです♪
『一陽来復』の御守りを家の中、人が多くいる場所に貼ると、金運が上昇。
商売をしている人は、仕事がたくさん入るようになったなど、周りの人も口を揃えて「お金回りが良くなった」そうです。

一陽来復の配布日!!

冬至(12月22日)~2019年2月3日の節分まで。

この期間にしか手に入らない一陽来復の御守り。

一陽来復とは…

“陰極まって陽に転じる”
簡単に言うと、『悪いことの後には良いことが巡ってくるよ♪』の意味。

発売初日が1年で最も日が短い「冬至」の日。
冬至を過ぎると、米粒一つずつ日が長くなるということから、陰が極まる日から陽に転じていくこととつながっているのです♪

御祭りする日は3日間だけ!

販売期間が決められている一陽来復の御守り。
御守りを買ったら、すぐに貼りたい気分になりますが、貼れる日時が決まっています。
さらに!どこにでも貼れる訳でなく、年ごとに貼る方向が決められているんですよ。

今冬に貼る場合は…

日にち

○ 冬至(2018年12月22日)
○ 大晦日(2018年12月31日)
○ 節分(2019年2月3日)

時間

夜中の12時

貼る場所

柱か壁の高い所(天井付近)
その年の恵方に向けて貼ります♪

スポンサーリンク

今年は西側の柱か壁に貼る

「恵方が分からない…」
「貼り方が分からない…」
「何だか難しいな…」
という方でも大丈夫♪

一陽来復の御守りを購入すると、貼り方や恵方が書かれた紙がいただけますので、こちらを参考にしてくださいね♡

節分の日がラストチャンス☆


『一陽来復』の御守りの配布期間は冬至から節分まで。
今年は、節分の日の夜中の12時にタイマーをかけて、1分以内に一陽来復の御守を壁に貼りましょう♪
今年こそ金運アップをして豊かな暮らしを♡

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

All Ranking

New

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.