カワイイ動物に癒されたいならココ♡クライストチャーチの「ウィローバンク野生動物保護区」

公開日:

更新日:

ニュージーランドは、鳥の楽園といわれており、今でもたくさんの鳥たちが住んでいるんです。
今回は、日本では見かけない動物とふれあえる「ウィローバンク野生動物保護区」をご紹介します。

「ウィローバンク野生動物保護区」って?


「ハグレイパーク」から、北へ9kmほどにある「ノースウッド」という地区にあります。
地元Kiwi(ニュージーランド人)にも観光客にも、とっても人気があるんですよ♪
クライストチャーチの人は、動物をとっても愛し大切にしているので、ここで暮らしている動物たちは、みんな人懐っこくてカワイイんです♡

入口の看板もオシャレ☆

こんなのも販売中♪


年間フリーパスチケットや、動物のフンから作られた肥料なども販売していますよ♪

受付もカワイイ!


受付にはいろいろ説明があるので、着いたらココをチェックしましょう☆

住所

60 Hussey Rd, Northwood, Christchurch 8051

営業時間

○ 10~4月 … 9:30~19:00
○ 5~9月 … 9:30~17:00
※クリスマスは休み

スポンサーリンク

マオリ族の文化を楽しめる♪


クライストチャーチ南島で唯一ツアーを楽しめる「コ・タネ」
ここでは、ニュージーランド先住民族であるマオリ族の文化を楽しめちゃうんです!
マオリ族の伝統の蒸し料理「ハンギ(Hangi)」も、楽しめますよ♪

どんなことができるの?

まず、マオリ族の村に入るときは「ポフィリ」といわれる、マオリ族の儀式で迎えられます☆
また、ポフィリの中には、「ハカ」という舞踊があります!
世界最強のラグビーチームとして知られる、ニュージーランド代表「オールブラックス」の戦士達が、試合前に必ず披露することで有名♪
迫力満点でグッときますよ☆

そして、ちょっとドキドキするのが「ホンギ」というマオリ族の挨拶。
お互いに顔を近づけて、鼻先を左右にチョンチョンとくっつけます。
実はマオリ族にとって「鼻」は、神様から命を吹き込まれるとされており、マオリ族との正式な場でもこの挨拶をするんです☆

※ポフィリ … マオリ族の村にきた知らない人に対して「何者か?敵か味方か?何しに来たか?」など、コミュニケーションをとって友好を図り、歓迎するための儀式のこと。

入場料・ツアーってどれくらい?


※入場料や、「コ・タネ」ツアーの料金表です。

オススメ~オトナ料金~

○ 入場料 … NZ$32.5
※ウェブサイトから予約したほうが、安くなりますよ♪

ツアー

○ ニュージーランドの鳥Kiwiに会えるガイドツアー(4:30pm~) …  NZ$11
○ キツネザルに偶然会えちゃうツアー(1:30pm~) … NZ$30
○ マオリ族のパフォーマンスのみを楽しめるツアー … NZ$65
○ 保護区に入って、マオリ族のパフォーマンス楽しめるガイド付ツアー … NZ$97
○ 保護区に入って、マオリ族のパフォーマンス&ハンギを楽しめるガイド付ツアー … NZ$165
○ 保護区に入らず、マオリ族のパフォーマンス&ハンギを楽しめるツアー … NZ$135

エサ


○ 動物にあげるエサ … NZ$3
○ ウナギや魚にあげるエサ … NZ$4

スポンサーリンク

ほかにもこんなものが♡

お土産がたくさん♪


スキンケア用品も♡

軽食を食べられるカフェでまったり




伝統の蒸し料理ハンギの1つでもある、「クマラ」のフライがオススメ!( NZ$9.5)
さつまいもみたいな見た目で、サッパリした食感がおいしい◎
Kiwiの家ではよく、ハーブと一緒にオーブンで焼いて食べたりしています。
外がパリッと、中がふわっと、甘くてヘルシー♡

人懐っこい動物がたくさん♡

クライストチャーチの人はフレンドリーで、動物を愛しとても大切にしています。
街でみられる動物たちも、人懐っこくて驚きます♪
マオリ族の文化に触れてみるのも、貴重な体験になりますよ☆

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

おでかけ・グルメ Ranking

New

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.