忙しい朝は果物を使った『ヘルシースムージー』で素敵な1日を☆

公開日:

更新日:

忙しい朝はパンを焼いたり、朝ごはんを作る時間がない…
そんな方は、『ピーチ&りんごのスムージー』はいかが?

朝起きたばかりは、頭がまわらないこともあってなるべく手間も避けたいですよね。
前日の夜にちょこっと準備をしておけば、忙しい朝でも美味しいスムージーがいただけちゃうんです♪

果物を使ったデザートのようなヘルシースムージーは、ダイエット中の方にもおすすめなのでぜひ、作ってみてくださいね。

まずはぷるぷる白桃ゼリー作り☆

材料(1人分)

○ 白桃缶 … 75g(1缶の半分)
○ 水 … 100ml
○ ゼラチン … 2g
○ きび糖 … 15g
○ レモン汁 … 大さじ1
○ 水(ふやかす用) … 小さじ2
○ お湯(70~80℃) … 大さじ1

スムージー 材料

下準備

白桃は食べやすい大きさに切っておきます。
一口大だと、カップにものせやすく食べやすいですよ◎

スムージー 下準備

作り方

1.ゼラチンをふやかす用の水で、ゼラチンをふやかします。

果物 スムージー 作り方

2.次に、その上からお湯を注ぎしっかりと混ぜます。

果物 スムージー 作り方

ポイント

ゼラチンの凝固率が下がってしまうので、お湯は沸騰したものではなく、少し冷まして80℃くらいにしてから注ぐのがおすすめです。

3.鍋に水を入れて中火で温め、沸騰直前まできたら【きび糖・レモン汁】をそっと加えます。

果物 スムージー 作り方

4.加熱している間は沸騰や焦げを防ぐために、必ずヘラでかき混ぜましょう。
きび糖が完全に溶けたら、火を止めて粗熱を取ります。

果物 スムージー 作り方

5.四角い入れ物やなるべく平らなお皿にカットしておいた白桃を並べ、その上から先ほどのゼリー液を流し入れます。
ゼリーは粗熱を取っていますが、入れ物はなるべく耐熱容器の使用をおすすめします。

6.このまま冷蔵庫で、1時間半~2時間ほど冷やして完成です!

果物 スムージー 作り方

ポイント

白桃ゼリーですが、翌朝のために夜から作って冷蔵庫で冷やすのがおすすめ。
朝バタバタするときでも、サッとスムージーに手軽にトッピングでき、ゼリーとしても楽しめるので作っておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

次はりんごスムージーを作ります☆

材料

○ りんご … 2分の1
○ 無糖ヨーグルト … 50g
○ 牛乳(豆乳でも可) … 50ml
○ きび糖 … 小さじ2

飾り用

○ ミント … 適量
○ りんご … うさぎカット1個

作り方

1.りんごは水でキレイに洗い、皮を剥かずにそのままくし切りにします。

りんご 切り方

ポイント

このとき、ミキサーのカッター状態によっては回らないこともあるので、りんごの大きさは調節してみてくださいね。

2.ミキサーに、【牛乳・ヨーグルト・きび糖・くし切りにしたりんご】を順に入れていきます。

果物 スムージー 作り方

ポイント

ミキサーに入れるときは、牛乳やヨーグルトなど液体に近い材料を先に入れると回りやすくなりますよ。
また牛乳は豆乳、きび糖ははちみつでも代用可◎
味の調節をする際は、ぜひアレンジしてみてくださいね。

3.ミキサーで約45秒~1分ほど回します。
りんごの皮が小さくなり、スムーズに回っていれば完成です!

果物 スムージー 作り方

最後の仕上げ♡

1.ひんやりさせたい人は氷を入れ、白桃ゼリーと果肉を上にのせます。

果物 スムージー 作り方

2.お好みで、うさぎカットにしたくし切りりんご・ミントをトッピングすれば、おしゃれなデザートドリンクの完成♪

果物 スムージー 作り方

ストローとスプーンで、ドリンクでもないデザートでもないスイーツを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
朝はあまり食べられないという方にもおすすめの『ピーチ&りんごスムージー』。
ピーチの甘い香りと、りんごのフレッシュなフルーツで、朝からすっきり目が覚めるかもしれません♪
また、ヨーグルトも入っているので便秘に悩む人や、胃腸を整える腸活を気にしている人にもおすすめな健康スムージーです。

白桃ゼリーはスムージーに入れても、デザートとしても楽しむことができますよ◎
ぜひ、贅沢なスイーツスムージーを楽しんでみませんか?

忙しい朝にぴったり◎おすすめの朝食レシピ本

簡単!毎朝が楽しくなる!朝ごはん BEST200
簡単ワンプレートがいっぱい! 朝ごはんの本
クックパッドの朝ごはん

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.