これからが旬!プリプリ牡蠣の栄養たっぷりぺペロンチーノ☆

更新日:

スポンサーリンク

プラセンタ

投稿日:2018/12/12 更新日:

海のミルクともいわれている『牡蠣』。
今回は、そんな秋冬が旬の、真牡蠣を使ったペペロンチーノをご紹介します!

材料~2人前~

ペペロンチーノ

○真牡蠣 … 2パック
(今回は加熱用120グラムを2パック使いました)
○しめじ … 1房
○ニンニク … 2かけ
○薬味ネギ … 適量
○レモン … 1/8カットを2切れ
○赤唐辛子 … 1~2本お好みで
(2本は結構辛めです)
○塩コショウ
○オリーブオイル
○パスタ … 200グラム
(今回は1.8ミリを使用))

パスタを茹でる用

○湯 … 2リットル
○塩 … 大さじ1と1/4

牡蠣の下処理用

○片栗粉 … 大さじ1
○塩 … 小さじ1

スポンサーリンク

作り方

1.ニンニクは薄くスライスして、赤唐辛子は種を取り除きます。
しめじは軸の部分を切って、ほぐします。

2.牡蠣の下処理をします☆
牡蠣をザルに移し、水気を切ります。

3.2をボウルに移し、牡蠣の上に塩と片栗粉を入れ、やさしく混ぜます。


4.水をひたひたになるくらい入れ、やさしく洗うと、汚れが出てきます!

5.水をかえてやさしく洗う行程を、3回ほど繰り返します。
こちらは、3回目に水をかえたところです。

6.洗い終わった牡蠣をザルにあげ、水気を切ります。
さらにキッチンペーパーの上にのせて、水気を切ります。
これで下処理はOK!

7.フライパンに、オリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子を入れ、弱火にかけます。
パスタも茹で始めましょう!
(2リットルの湯に塩大さじ1と1/4を入れます。茹で時間は、袋の表示を目安にしてください。)

8.良い香りがしてきたらしめじを入れ、中火でしんなりとするまで炒めたら、牡蠣を入れます。

9.牡蠣を両面焼いたら、パスタのゆで汁をお玉一杯分入れ、牡蠣にしっかり火を通します!

10.ゆで上がったパスタを9の鍋に入れ、牡蠣のエキスを吸わせるように、ざっくり混ぜます。
塩コショウで味を整えます。
※赤唐辛子は、取り除いてくださいね!

11.お皿にパスタを盛り、薬味ネギを散らして、レモンを添えたらできあがり!

レモンをギュッとパスタにかけて、いただきます♪

牡蠣の魅力

牡蠣に含まれる栄養素の中で、亜鉛の含有量はトップクラス!
鉄分や銅、ミネラルが多く含まれ、疲労回復にも良いので、積極的に食べたい食材のひとつですよね♪
真牡蠣の旬は、11月から美味しくなりはじめ、3~4月頃がもっとも濃厚で美味しくなります。

岩ガキは、夏が旬です。
同じ牡蠣なのになぜ、旬が違うんでしょうか?
実は、真牡蠣と岩ガキの産卵の時期が違うため、旬も変わってくるんですよ!

スポンサーリンク

おわりに

牡蠣の下処理さえすれば、牡蠣のオリーブオイル煮や、時雨煮、酒蒸しなど色々なメニューに使えます。
これから旬を迎える牡蠣を、ぜひ美味しく召し上がってください♪

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

レシピ Ranking

All Ranking

New

スポンサーリンク

プラセンタ

Copyright© bestive , 2020 All Rights Reserved.