暑い夏は家で読書を☆夏に読みたくなるおすすめ小説5選

公開日:

更新日:

7月に入ると、あつ~い夏も本番!
青い空、ジリジリ焼けるような日差し♪
夏といえば、アウトドア!?
海や山にレジャーに行くのはもちろん楽しいけど、読書をするのもおすすめの季節ですよ。
外で涼しいところを探して、一緒に冷たいドリンクを飲みながら楽しむのも良し◎
冷房が効いた部屋で読むのも良し◎

今回は、そんな夏に読みたくなる小説をご紹介します!
みなさんも今年は、「読書の夏」を味わってみませんか?

青春ファンタジー✩

サマーウォーズ 岩井 恭平 ()

サマーウォーズ 本

photo by Amazon

小磯健二は、憧れの先輩・篠原夏希に、「4日間だけフィアンセの振りをして!」とアルバイトを頼まれ、長野県の田舎に同行することに。夏希の曾祖母を中心にご親戚に囲まれながらも、大役を果たそうと頑張る健二のもとに、謎の数列が届く。数学が得意な彼は、夢中で答えを導きだすが、翌朝世界は一変していた。世界の危機を救うため、健二と夏希、そして親戚一同が立ち上がる。熱くてやさしい夏の物語。映画「時をかける少女」の細田守監督・最新映画を完全ノベライズ。

引用元:版元ドットコム

夏に読みたくなる本といえばこれ!
元々はアニメ映画で、そこからノベライズされた作品です。

映画を見た人は多いかと思いますが、小説の方もとても面白いんです。
映画より細かいニュアンスが伝わってくるので、感情移入しやすいですよ。
映画を見ていない人でも、文章から田舎の匂いや古い家などが頭に浮かんできて、学生時代の甘酸っぱい恋も思い出しちゃうかもしれません♡

爽やかな夏に、キラキラ青春ファンタジー小説の不思議な世界に浸ってみては?!

商品をもっと見る

スポンサーリンク

手に汗握るサスペンスミステリー✩

翳りゆく夏 赤井 三尋  ()

翳りゆく夏 本

photo by Amazon

49回江戸川乱歩賞受賞した作品です。
WOWOWでドラマ化もされています♪

スピード感のあるストーリーで、ページをめくるたびにどんどん引き込まれていきます!
先が読めるようで読めない、ドキドキハラハラのサスペンスミステリーです。
現在と過去の話を行き来するのに、読み手側がごちゃごちゃになることがなく物語に没頭できる素晴らしい作品です。
意外な結末に驚く人がたくさん!?

ミステリーが好きな人におすすめの一冊です♪
日が沈んできて、涼しくなってきた頃に読むとさらに物語に没頭できるかも!?

商品をもっと見る

ミステリーの王道✩

真夏の方程式 東野 圭吾 ()

真夏の方程式

photo by Amazon

映画公開を前に、ガリレオ最新長編待望の文庫化!

夏休みに美しい海辺の町にやってきた少年。そこで起きた事件は事故か殺人か。湯川が気づいてしまった真実は? 6月末映画公開決定!

引用元:版元ドットコム

東野圭吾さんのガリレオシリーズです!
ガリレオシリーズといえばドラマ化もされていて、主演が福山雅治さんということでご存知の方もとても多いのでは?
小説を読んでいなくても、ドラマは見ていた方も多いですよね♪
この小説はドラマではなく、映画化されたものなんですよ。

キラキラ輝く海辺の町が浮かんできて、真夏のちょっと切ないミステリーが一気に読破させてくれます!
ガリレオシリーズにハズレなしですよね♪
この夏にシリーズ全冊を一気読みしてみるのもおすすめです。

商品をもっと見る

スポンサーリンク

ジリジリ焼けるような日にドロドロ恋愛ストーリー✩

愛しても届かない 唯川 恵 ()

愛しても届かない

photo by Amazon

「恋」という魔物にとりつかれた女は、ときに、自分自身でも思いがけないことをしてしまう。七々子の場合がそうだった。好きになった彼にはすでに恋人がいた。あきらめきることができない七々子のとった行動は、彼の恋人、美咲に近づき、友達になることだった。嘘をつき、おとしいれ、そうまでして手に入れた恋。一途に思う心には偽りはなかったはず、だけど…。女心の深淵をえぐる恋愛長編。

引用元:版元ドットコム

略奪愛がテーマの一冊で、一度読み始めたら止まらない!
女の嫉妬の深さが、怖いくらいに伝わってくるストーリーです。

恋愛って綺麗なことばかりじゃなくて、意地悪なこともたくさんありますよね。
裏切り裏切られ、人間の本当の暗い部分が上手く表現されています。
「女って怖い…」と思うと同時に、登場人物の心情が分かってしまうのは同じ女性だからかもしれません。

日差しの強い日に、一気に読むのがおすすめです!

商品をもっと見る

青春SFストーリー✩

夏への扉 ロバート・A・ハインライン (小尾芙佐 (翻訳)

夏への扉

photo by Amazon

アメリカのSF小説の作家で、SF小説で初めてベストセラーになった作家さんなんだとか♪
数多くのSF小説を出してきた中で、「夏への扉」は日本でもとても人気のある作品です。

アメリカでは「異星の客」などが人気みたいですよ♪
国によって人気になる小説が違ってくるのも、翻訳小説の面白いところの1つですよね♪

復讐劇でもあり青春ストーリーでもあり、海外作品でも面白く読めますよ。
小尾芙佐さんの訳は読みやすく、すんなり文章が入ってくるのでおすすめです♪ 

商品をもっと見る

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
他にも夏に読みたくなる小説ってたくさんあるんですよ!
毎年夏になると、書店で文庫フェアが始まるので要チェックです!

暑い夏に小説を読むのもいいものですよ。
晴れた日の午前中が一番読みやすい時間帯かもしれませんね♪
涼しい風が入ってくる夜に、窓を開けながら読むのも◎
水分補給を取りながら、ゆっくり読書タイムを楽しんでください。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.