子どもと一緒に作れる簡単スイーツ☆”黒糖リンゴケーキ”+”マシュマロレアチーズケーキ”の作り方

公開日:

更新日:

寒いこの季節は、コーヒーや紅茶のお供に、手作りスイーツがあると嬉しいですよね☆
そこで今回は、思い立ったらすぐに作れるスイーツを2つご紹介!
ココナッツオイルで作る混ぜて焼くだけの簡単『黒糖リンゴケーキ』と、マシュマロで作るふんわりとした甘さが絶品『レアチーズケーキ』の作り方です♪

黒糖リンゴケーキ(20cmスクエア型)

材料

○ リンゴ … 2~3個
○ ココナッツオイル … 100g
○ 黒糖(フレークタイプ) … 100g
○ 卵 … 2個
○ 豆乳(牛乳でもOK) … 50g

◎薄力粉 … 200g
◎ベーキングパウダー … 小さじ2
◎シナモンパウダー … 大さじ1

○ ラムレーズン … 大さじ2
○ ナッツ類 … 適宜
○ 粉砂糖(仕上げ用) … 適宜

下準備

1.ココナッツオイルをレンジで温めて液状にする。

2.薄力粉・ベーキングパウダー・シナモンパウダーをふるいにかけておく。

3.オーブンを170度に予熱しておく。

作り方

1.リンゴは1つを8等分してから、縦に切り込みを入れる。

2.大きなボウルにココナッツオイル、黒糖、卵、豆乳を入れ、ハンドミキサーで混ぜる。

下の写真のように、ふんわり滑らかになるまでかき混ぜる。

3.ふるいにかけた◎の材料を入れ、ゴムベラでよく混ぜる。

4.ラムレーズンを加える。

5.オーブンシートを敷いた型に生地を入れ、リンゴを並べてその隙間にナッツをのせる。
※今回はピーカンナッツを使いました。

6.170℃のオーブンで45~50分焼く。

7.ケーキが焼けて、型が触れるくらいの熱さになったら、型からはずし冷ます。

8.粗熱がとれたら、仕上げに粉砂糖をかけて出来上がり♪

ポイント

・リンゴの切込みをいれるときは、ギリギリまで切り込みを入れたほうが火の通りがよくなりますよ。
・オーブンによって加熱時間が異なりますので、焼き色を見ながら調節しましょう。

スポンサーリンク

マシュマロのレアチーズケーキ(18cmホール型)

レアチーズケーキを作りたいけど、ゼラチンを扱うのが面倒だなぁ…と思うことはありませんか?
今回は、ゼラチンと砂糖の代わりにマシュマロを使うので、ふんわりとした優しい甘さのケーキに仕上がります。
オーブンを使わないレシピなので、お子様とも一緒に楽しく作れますよ♪

材料

○ オレオ … 80g
○ 溶かしバター … 30g
○ マシュマロ(ホワイト) … 150g
○ 豆乳(牛乳でOK) … 150cc
○ クリームチーズ … 200g
○ レモン果汁 … 大さじ1
○ メープルシロップ … 小さじ1
○ ラムレーズン … 大さじ2

○ マシュマロ(飾り用)… 適宜
※飾り用のマシュマロはカラフルな色にすると◎

下準備

・クリームチーズは常温に戻しておく。

作り方

1.オレオを袋入れ、めん棒で上から叩いて細かくする。
※フードプロセッサーにかけてもOK

2.バターを30秒ほどレンジで加熱して溶かし、オレオにかけて混ぜる。

3.うすくバターを塗った型の底に2を敷き、コップの底などで押し付けて平らにしたら、そのまま冷蔵庫で冷やす。

4.マシュマロを耐熱皿に入れ、レンジで3分ほど加熱する。
※トロトロになったらOK☆

5.溶かしたマシュマロに豆乳を少しずつ入れ、ハンドミキサーで混ぜる。

6.5にクリームチーズ、レモン果汁、メープルシロップを入れてよく混ぜる。

7.ラムレーズンを入れゴムベラで混ぜる。
※今回は、レーズンをラム酒に漬けてあるものを使いました。

8.3で冷やしてあった型に、表面が滑らかになるように生地を入れる。

9.飾り用のマシュマロを盛り付ける。

10.冷蔵庫で2時間冷やしたら出来上がり♪

ポイント

・マシュマロだけでも甘いですが、より甘くしたい方はメープルシロップを増やすと◎
・マシュマロは加熱しすぎると、膨らんであふれてくることがあるので、様子を見ながら加熱時間を調節しましょう。

特別な日にもおすすめ♪

いかがでしたか?
黒糖リンゴケーキは、リンゴの代わりにバナナを使ってもおいしいですよ♪
どちらのケーキも、お菓子作り初心者の方でも失敗なく安心してできる工程なので、ぜひ気軽に作ってみてくださいね(*’▽’)

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

料理・グルメ Ranking

New

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.