子供も大人も大好き!美しい『栗きんとん』をおうちで作ろう☆

更新日:

投稿日:2018/12/28 更新日:

年末年始、実家に帰られたりお客様が来られたり、賑やかな日々を過ごされていることと思います。
そんな時にお土産に手作りの『栗きんとん』はいかがですか。
おうちで作るとたくさん作れて嬉しくなっちゃいますよ♡

材料(6人分)


○ 栗の甘露煮 … 6個
○ さつまいも … 大2個(600g)
○ 砂糖 … 60g
○ 水 … 200cc以下
○ くちなしの実 … 1個
○ 飾り葉(松の葉や南天の葉等生花店で購入可、あるいはお庭にある葉で十分です)

スポンサーリンク

作り方

1.栗の甘露煮は栗(大きければ2~3個に切り分けても良いです)と栗のみつを分けておきます。


2.1の栗のみつに水を足して200ccにし、砂糖と混ぜておきます。

3.さつまいもは皮を厚めにむいて、2cm厚さの輪切りにし、切りながら水に入れてさらしておきます。

4.くちなしの実を包丁で割り切って、お茶パックに入れます。(ガーゼで包んでもいいです。なければそのまま使用可です)

5.鍋に水を入れ、3と4を入れて茹でます。
さつまいもに竹串が通ってやわらかくなったら、鍋から1つ取り出します。

6.5を1つずつ裏ごしします。(大きなお皿の上に裏ごし器を裏向けて置き、裏ごし器の奥の方へさつまいもを一つのせて、木じゃくしでさつまいもを押さえながら手前に引いていきます)1つ終わってから2つ目を取り出して熱々のまま裏ごししていく方がやりやすいです。時間がない時は裏ごしせずにすりこぎでたたくだけでも大丈夫です。

7.鍋に6と2を入れて、適当な硬さに練り(木しゃもじでさつまいもを上げてみてすぐに落ちなくなる程度)バットに広げて急激にうちわでパタパタとあおぎます。
サランラップの上に食べやすい大きさのさつまいもをのせて、1の栗を上に置き、サランラップで包んで上を絞り栗きんとん風に仕上げます。
8.お皿の上に7をのせて葉を飾ると出来上がりです。

手土産には・・・


手土産として持ってく場合は、サランラップで包んだまま、上をリボンで結んで持っていくとかわいくて崩れにくいです。
すぐに持っていけない場合は、一度冷凍しておいて食べる前に自然解凍するのがオススメです♪

まとめ

普段はパウンドケーキ等をお土産に持って行かれる方も、年始に手作りの『栗きんとん』を持って行かれるとお正月っぽいお土産として喜ばれるでしょう。
一つずつになっている『栗きんとん』はお店ではあまり出回っていないので、めずらしいということもあります。
自分へのご褒美としてでも、お茶うけにでもオススメですので、ぜひ作ってみてくださいね♡

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.