足湯に浸かりながら、よくばりな道の駅「しかべ間歇泉公園」を堪能しよう♡

更新日:

投稿日:2018/12/30 更新日:

道の駅といえば、スタンプラリーが全国でブームになりましたよね。
北海道の道南地方は、道の駅が比較的に固まっていて、隠れた魅力がいっぱい♡
今回は、スタンプラリーはもちろん、それ以外も楽しめる鹿部(しかべ)をご紹介します。

隠れた名産?!

(株)丸鮮道場水産のたらこ

北海道の白老や岩内は、たらこが有名ですが、実は鹿部のたらこも美味しいんです♡
たらこを買うなら、丸鮮道場水産のたらこ一大♪

新鮮な魚介類がいっぱい♡


たらこだけではなく、他にも冷凍された明太子やホタテなど豊富な品揃え!
鹿部は漁師町なので、新鮮な魚介類を食べることも、買うこともできちゃいますよ♪

店内の魚屋さん「こいたの魚屋」では、鹿部近郊で獲れた新鮮な魚介類をお土産に買っていくことも◎

スポンサーリンク

海を眺めながら味を楽しむ!

浜のかあさん食堂


元々この場所は、間歇泉公園という観光施設のみでしたが、数年前に道の駅としてリニューアルし、この食事処ができたんです。
14時までやっていますが、とても人気で数量限定なので、急ぐべし!!

オススメは「プレミアムたらこ御膳」♡


こんなに大きなたらこが乗っていて、なんとお値段1,000円!(2018.12現在)

その他にも、隣にある「こいたのおかず屋」さんには、たらこおにぎりやイカ飯など、持ち帰りもできる総菜もたくさん売っていますよ♪
その場で食べられるのも嬉しいところ♪

夏にはバーベキューや、蒸し処も!!

外は温泉の湯気でモクモク!!
温泉熱を利用した蒸し処で、甘エビやホタテを蒸して食べることも♡

道の駅内で温泉蒸し処用食材を購入すると、外にある蒸し処で調理して食べることができます♪
夏シーズンは、バーベキューもできますよ!

スポンサーリンク

間歇泉の迫力を楽しもう!

全国でも珍しい間歇泉ですが、北海道ではここだけ☆

中に入ってみると、鹿部町のマスコットキャラクターであるカールス君が♡
カールス君によるマグマや間歇泉の仕組み紹介は、楽しみながら聞けますよ♪

足湯の底には、丸い石が敷き詰めてあり、歩くと足つぼマッサージにもなりますよ。
のんびり足湯に入りながら、約10分起きに吹き上がる温泉を待つのも楽しいひと時ですね♪
1回500リットルの温泉が、最大15mほど吹き上がる様子は大迫力です!

無料でタオルも使える!


無料でタオルも使えるのは嬉しいですよね♪

道の駅 しかべ間歇泉公園

住所

北海道茅部郡鹿部町字鹿部18番地の1

営業時間

○ 4月 ~ 9月 … 8:30 ~ 18:00
○ 10月 ~ 3月 … 9:00 ~ 17:00
※休園日がありますので、公式サイトで調べてから行ってみてくださいね。

入場料(2018.12現在)

○ 大人 … 300円
○ 小・中学生 … 200円
※団体割引有り

スポンサーリンク

半日は遊べちゃう♡

大正13年に発見された「しかべ間歇泉」は、なんと戊辰戦争のときに新選組の鬼副長、土方歳三も傷を癒したといわれる温泉街にあるんです。
足湯だけではなく、道の駅周辺で日帰り入浴も楽しめちゃいますよ♪
休日にどこに行くか迷っている方は、大迫力の間歇泉を堪能しませんか?

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

おでかけ・グルメ Ranking

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.