毎日のお弁当作りが大変なあなたへおすすめメニュー!定番おかずのストックで楽しよう!

更新日:

投稿日:2018/09/14 更新日:

子供や旦那様のお弁当作り、楽しいけれど毎日だと何を入れたらいいのか迷いますよね?前日のあまりものを入れたら楽だけど、それじゃあお弁当を開けたときのわくわく感がありません。
そんなあなたにおすすめなのは、簡単に作れて冷凍保存もできる定番おかず!
今回は、おうちに常備してある食材で簡単に作れる「定番おかず」のメニューやアレンジ法をご紹介します。

定番おかずがあればお弁当作りが楽しくなります

子供や旦那様がお昼ごはんを楽しみにお弁当の蓋を開けるとき、「何が入っているんだろう?」というワクワク感をあげたいじゃないですか?

子供のお弁当にはキャラ弁という手もありますが、旦那様にはそうもいきません。

そんな時に便利なのが「定番おかず」と呼ばれる常備菜です。卵や野菜、お肉を使ったレシピを覚えていけば、いざというときに役立つ上、楽々作れちゃいます!

スポンサーリンク

ひき肉を使った定番おかず

ひき肉を常備しておけばいつでも便利な定番おかずが作れます。ひき肉料理で一番に思いつくのはハンバーグですよね?子供や旦那様でも共通して喜んでもらえる便利なおかずです。

基本はハンバーグの種ですが、形を変えるだけでハンバーグだけではなくミートボールに応用できますし、鶏ひき肉に生姜やシソを混ぜればつくねが手軽にできちゃいます。

<基本の材料・アレンジ>

・お好きなひき肉 200g

・玉ねぎ(つくねの場合は長ネギ)

・パン粉 ひとつかみ

・塩・こしょう 適量

ハンバーグやミートボール用ならナツメグなどのスパイス、つくね用なら生姜などの薬味を用意しましょう。

材料の全てを良く混ぜ合わせて、用途に応じてお好みの形にまとめます。このまま冷凍保存してもいいですが、火を通して冷凍すれば、そのまま温めてお弁当に入れるだけでOKです。

たまごを使った定番おかず

たまごならいつも常備してありますよね?普段からゆで卵を作って冷蔵庫に入れておけば、いつでもお弁当に活用できます。

また、卵焼きやスクランブルエッグに調理したものや、ゆで卵に味付けした照り焼きたまご(味玉)があれば、味のバリエーションも広がります。

<基本の材料・アレンジ>

・たまご 10個

・出汁や砂糖 適量

・醤油、塩・こしょうなど

たまごを1パック買ってきたら6個をゆで卵にしてそのうち半分を照り焼きたまご(味玉)、残りの4個で卵焼きやスクランブルエッグ用に使いましょう。

卵焼きは明太子やチーズを入れれば毎日作っても飽きません。照り焼きたまごは半熟がおいしいですが、お弁当の場合はしっかり火を通して!

スポンサーリンク

お肉やお魚の定番おかず

お肉とお魚の定番おかずをローテーションすることで、毎日飽きずにおいしいお弁当が作れます。お肉の定番おかずといえばなんといっても唐揚げ!

唐揚げは醤油をベースに生姜やにんにくを効かせて和風味にしたり、カレー粉とヨーグルトを使ってスパイシー風味にアレンジすると毎日おいしく飽きずに食べられます。

お魚ならまさに定番の塩鮭やぶりの照り焼きを作って冷凍保存しておけば、忙しい朝でも温めるだけでできちゃいます。

<基本の材料・アレンジ>

・お肉(鶏肉、豚肉、牛肉)

・お魚(鮭、ぶり、さんまなど、缶詰を使っても便利)

・しょうゆ、みりん、砂糖、塩・こしょう

・生姜などの薬味、にんにく、カレー粉、ヨーグルト

鶏肉は唐揚げ用に切って冷凍保存してもいいですが、味付けして揚げるところまでやっておいた方が、すぐにお弁当に使えて便利です。

お魚も生で保存するよりは、塩や照り焼き風味で焼いて冷凍保存しておくとすぐに使えて時短になります。

まとめ

子供や旦那様に「今日のお弁当はおいしかった!」「また作って~」と言わせたい!

毎日てまひまかけて作ったお弁当。残さずきれいに食べてくれたからっぽのお弁当箱を見るのはうれしいですよね。

時間のあるときにお肉やお魚、たまごなどの「定番おかず」を作っておけば、朝の忙しい時間でもお弁当作りが楽になります。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

レシピ Ranking

All Ranking

New

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.