おうちでカンタンご当地料理☆山形風『芋煮』と広島B級グルメ『ホルモンバーグ』♪

更新日:

投稿日:2018/12/23 更新日:

おうちで、変わった料理を食べたいと思うときありませんか(^^♪?
「旅行先で出会った料理をもう一度食べたい!」
「ご当地グルメを作ってみたい!」など・・・
今回は、おうちで簡単にできるご当地料理、山形風『芋煮』。
広島のB級グルメ『ホルモンバーグ』の2種類のレシピをご紹介します♪

『芋煮』


山形の郷土料理『芋煮』。
毎年秋になると、山形県の河川敷で芋煮会の特集をテレビで見かけます♪
山形県内では、各地方や家庭によって、さまざまな具材の組み合わせや味付けになっているそう。
里芋のうまみが際立つ、美味しくてシンプルな芋煮です。

材料(4~6人分)

○ 里芋 … 600~800g
○ 牛バラ薄切り肉 … 300~400g(4~5cmに切る)
○ 長ネギ … 1本(斜め切りにする)
○ ごぼう … 1本(ささがきにして水にさらしておく)
○ こんにゃく … 1枚
○ 舞茸 … 1株(食べやすい大きさにほぐす)

調味料

○ 水 … 800ml
○ だし醤油 … 150cc
○ 砂糖 … 大さじ2
○ 酒 … 大さじ2

作り方

1.里芋は皮をむき、大きめの一口大に切って、水で洗い簡単にぬめりを取る。

2.こんにゃくはさっと湯通しし、一口大に手でちぎっておく。

3.鍋に1、2、ささがきにしたごぼうを、水を入れて煮る。

4.里芋が柔らかくなったら、牛肉、舞茸、だし醤油、酒、砂糖を加えて煮込む。

※今回使用した「だし醤油」はコレ


山形「丸十大屋」の味マルジュウをお取り寄せしました♪


5.ネギを加えて一煮立ちさせる。

6.味を確認して整え完成です!!

お好みで味噌に変えたり、きのこ類、豆腐、油揚げなどを加えても美味しいです♪
芋煮の〆は、カレーうどんがオススメ♡
煮汁にお好きなカレールー(適宜)を加え、うどんをプラスするだけで最高のカレーうどんが出来上がりますよ☆

スポンサーリンク

『ホルモンバーグ』

広島のB級グルメとして話題となった、「必殺!ホルモン焼ゴーダキング」さんの『ホルモンバーグ』。
上質な和牛ホルモンを使ったジューシーなハンバーグは、全国ご当地グルメで1位に選ばれたこともある一品です。
そんな大人気メニューを自分で作ってみました!(^^)!

材料(4人分)

○ お好きなホルモン … 150g
○ 豚挽肉 … 250g
○ 鶏もも挽肉 … 150g
○ 玉ねぎ … 1/2個分(みじん切り)
○ 大葉 … 5枚分
○ 塩酒粕 … 小さじ1(酒小さじ1+塩小さじ1でもOK)
○ 砂糖 … 小さじ1/2
○ 卵 … 1個

タレ

☆醤油 … 大さじ3
☆みりん … 大さじ3
☆酒 … 大さじ3
☆砂糖 … 小さじ1
☆コチュジャン … 小さじ1
☆ごま油 … 小さじ1

作り方

1.ホルモンを1cm角に切る。

2.その他の材料を全てボウルにいれ混ぜる。

3.よく混ぜた2を、お好みのサイズにまとめる。

4.フライパンに並べ火にかけ、両面焼き目をつける。

5.沸騰したお湯大さじ3を加え、ふたをして8分蒸し焼きにする。

6.ふたを外し、両面をもう一度カリッと焼く。

7.別の小鍋に☆の調味料を全て入れ、一煮立ちさせてタレを作る。

8.お皿にホルモンバーグをのせタレをかけ、お好みで三つ葉や万能ねぎ、大根おろしをのせて完成!!

味付きホルモンなら、さらにコクがでて美味しいですよ♪
今回は、みそ味のホルモンミックスを使用しました。
肉汁が溢れてきて、とってもジューシーなんです!

最後に

今回は、自宅で簡単に作れるご当地グルメをご紹介しました。
寒いこの季節、家族みんなで鍋を囲んで温まりたいときに『芋煮』はピッタリです。
また『ホルモンバーグ』は、いつものハンバーグに飽きたときに、ぜひオススメですよ♪
市販の塩ダレや焼き肉のタレを使っても、とっても簡単に美味しく仕上がります。
各地の郷土料理を知ると、メニューの幅もぐっと広がるので、ぜひお試しくださいね♪

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2020 All Rights Reserved.