美容や健康に効果的☆米麹だけで作る「甘酒」の簡単レシピが寒い季節にピッタリ♪

公開日:

更新日:

ほっこりとした優しい甘みがある「甘酒」
最近では美容や健康にいいと話題になり、スーパーなどにもいろいろな種類の甘酒が売っていますね♪
そこで今回は、自宅で簡単に作れる甘酒の作り方や、アレンジレシピをご紹介します。

甘酒の魅力って?


甘酒は別名「飲む点滴」と呼ばれています。
日本の伝統的な飲みもの「甘酒」は、なんと!江戸時代から、夏バテ予防として飲まれていたんです!
甘酒は米麴(こめこうじ)、もち米、酒粕などを発酵させて作っており、アミノ酸、ビタミンB群、ブドウ糖、オリゴ糖など、体にいい栄養素がたっぷり☆
最近では、美容に効果があることがわかり「飲む美容液」とも♡
目の下のクマや美肌に効果的で、腸内環境も改善してくれると話題になっていますよ♪

スポンサーリンク

炊飯器で簡単☆甘酒レシピ

材料

○ 水 … 500cc
○ 沸騰したお湯 … 500cc
○ 米麹 … 500g

※今回は、こちらの甘酒用の米麹を使いました。
板状のものを使う場合は、手でパラパラとほぐしておきましょう☆

作り方

1.炊飯器に米麹を入れる。

2.鍋で沸騰させたお湯500ccに、冷たい水500ccを加える。

3.1に3のお湯を注ぐ。

4.炊飯器の「保温ボタン」をON!
※間違えて炊飯ボタンを押さないように気をつけましょう。

5.しっかり水で湿らせたタオルやふきんをかぶせる。
※炊飯器のふたは開けっぱなしで大丈夫です☆

6.このまま8時間放置すると、あま~い甘酒が完成!
※途中1~2回かきまわすと◎

7.鍋に出来上がった甘酒を移し、弱火で温める。
※沸騰させず温めるだけでOK♪

8.7を冷まし、あら熱がとれたらガラス瓶に入れ、冷蔵庫で保存します。
※麹のツブツブが苦手な方は、ミキサーにかけるのがオススメ♪

※甘酒は、1週間くらい持ちますよ☆

アレンジ

1.シンプルに甘酒を飲む場合は、水で薄めて温めてから飲むのがオススメ!

2.さっぱり飲みたいときは、甘酒と炭酸水を1:1の濃度で割り、氷を入れるだけであっという間に甘酒の炭酸割りに♪
※レモン汁を加えると、さっぱりして美味しいですよ☆

3.寒い日には、生姜のすりおろしを入れて加熱し、仕上げにシナモンをふると、ポカポカで体も温まりますね♡

※左がシナモンジンジャー×甘酒、右がジンジャー×甘酒。

ホームベーカリーで簡単!「黒糖甘酒パン」

材料(1斤分)

○ 強力粉 … 250g
○ 黒糖(フレーク状のもの) … 20g
○ 塩 … 4g
○ バター … 20g
○ 甘酒 … 190cc
○ ドライイースト … 4g

作り方

1.ホームベーカリーに全ての材料を入れる。

2.「ソフト食パンコース」または「焼き色(淡)コース」で焼く。

3.焼きあがったら黒糖甘酒パンの完成!

優しい黒糖と、甘酒の甘さがたまらない美味しさ!
甘酒効果で、パンもモチモチ×ふわふわになりますよ♡

スポンサーリンク

かぼちゃ×豆乳で甘酒ポタージュ

材料(4人分)

○ かぼちゃ … 1/4個分(皮をむいてレンジで柔らかくする)
○ 甘酒 … 100cc
○ 水 … 150cc
○ 豆乳 … 300cc
○ 塩 … 適宜
○ コンソメ(顆粒) … 小さじ1

作り方

1.鍋に、柔らかくしたかぼちゃ、水 、甘酒、コンソメを入れて弱火で煮る。

2.なめらかになったら豆乳と塩を入れ、味付けする。

3.2のあら熱が取れたらミキサーでかき混ぜる。

4.3を鍋に戻し、好みの濃度になるように豆乳や水で調整し、弱火で温める。

おわりに

今回は、炊飯器で簡単に作れる甘酒をご紹介しました♪
アルコールも入っていないので、お子様も安心して飲めますよ☆
忙しい方も、夜寝る前に炊飯器をセットしておけば、朝には甘酒が♡
ほのかな甘みとコクがプラスされるので、調味料としても◎
この甘酒をフル活用して、寒い冬を乗り越えましょう!

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.