DIYでの必需品!サンドペーパーの種類や使い方を知ろう♪

公開日:

スポンサーリンク

プラセンタ

投稿日:2018/11/28 更新日:

DIYで必ずといって良いほど使うのが、サンドペーパー。
サンドペーパーは、木材の角にできる出っ張りを取ったり、表面を磨いたり、様々な使い方があります。
そこで今回は、DIY初心者でもわかる、サンドペーパーの種類や使い方をご紹介していきます!

サンドペーパーとは?


サンドペーパーとは紙やすりのことで、紙状のシートに硬い粒子が塗布してある研磨材です。
ザラザラしている目の粗さを数字化したものを番手といい、数字が小さいものは目が粗く、大きくなるほど目が細かくなります。
サンドペーパーは紙だけでなく、布状や耐水加工がされているもの、メッシュシート状もあります。

スポンサーリンク

サンドペーパーの使い方


使い方は、それほど難しくありませんよ!
基本的なサンドペーパーの使用方法をご紹介します。 

1.手でちぎる
用途に合わせて番手を選び、必要な分だけ手でちぎります。
目が粗いものは、手を傷つけることがあるので、軍手をしてちぎると良いですよ。
また、ハサミで切ると刃が痛んでしまうのでやめましょう。 

2.当て板を使う
木材のケバやトゲが刺さらないように、不要になった木材にサンドペーパーを巻き付けます。
こうする事で削りやすくもなります。

 3.バリを取る
研磨していきます。
木材の木口に当ててバリ取りをしますが、バリに逆らって削ると木材自体がかけてしまう恐れがあるので、削る方向に気をつけましょう。
サンドペーパーで、木口を丸く削っているイメージで動かしましょう。

4.木目に沿ってサンドペーパーを当てていく
木目に沿ってサンドペーパーを当てることで、より滑らかになります。
木目に逆らうよう動かしてしまうと傷がついて、余計にザラザラする恐れがあるので気をつけましょう。
中目(#120)くらいのサンドペーパーで研磨したら、次に細目(#240)くらいのサンドペーパーで研磨していきましょう。

5.木くずを拭き取る
細かい木くずがたくさん出るので、丁寧にふき取りましょう。
スベスベになった木目に塗装すると、とてもキレイに仕上がりますよ。 

サンドペーパーの番手・使い方


自分が使いたい番手のサンドペーパーを選んでみましょう。

粗目 #40#100

木材を削るときや、ケバ取りや塗装を剥がす作業などに使います。
また、表面を荒っぽく仕上げたいときにオススメ。

中目 #120#240

工作用の仕上げや、木工のニスを塗る前、塗装する前の家具など、最もよく使われる番手です。

細目 #280#400

中目で研磨した後の仕上げ、塗装前の下地調整に最適で、塗装をはがれにくくします。
ベニヤの表面磨きなどにも使われ、なめらかに仕上がりますよ。

極細目 #400#800

刷毛跡を削ったり、水をつけて使うウェット研磨に使われます。
塗装を重ね塗りする前の下地調整で使う、ちょうど良い粗さです。

超極細目(超精密研磨)  #1000#2000

極細目より更に細かく、単位がミクロンになっているので、石材や繊細な機械などの部品、金属がピカピカに仕上がります。
木材、木工のDIYではあまり使いませんが、金属のサビ落としなどに使うことがありますよ♪

スポンサーリンク

まとめ


様々な種類や、使い方がありましたね。
サンドペーパーを使うときは、粗目→中目→細目と、番手の数字が小さいものから研磨していきましょう。
キレイに研磨するには、#60→#120→#240→#400がオススメです。
自分の用途に合わせて、使ってみてくださいね♪

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2020 All Rights Reserved.