しっとり美味しいテリーヌの簡単レシピ☆パーティの一品にいかが?

公開日:

更新日:

みなさんは”テリーヌ”というフランス料理を知っていますか?
フランスではメジャーな料理で、フレンチレストランなどで1度は目にしたことがある方も多いと思います。
一見、手の込んだ料理のように見えますが、魚・肉・野菜などを小さくして型に入れるだけ、と作り方は簡単なんです!

今回は低温調理器を使い、パーティの前菜にもピッタリな、テリーヌの作り方をご紹介します♪

テリーヌってどんな料理?

そもそもテリーヌというのは型の名前なんです。
ホーローや陶器製の型をテリーヌと呼び、この型に具材を入れて焼いた料理のことも、テリーヌと呼ばれています。テリーヌ
パリではお惣菜として、様々な種類のテリーヌが市場で売られているそうです。

調理法はオーブンで蒸し焼きにするか、湯煎で作ることができ、自分の好きな具材をつめて気軽に作れます。

スポンサーリンク

テリーヌ

今回は、低温調理器を使ってテリーヌを作ります。

材料

○ 鮭 … 4切れ
○ いんげん … 5本
○ パプリカ 赤・黄 … 1/4ずつ
○ 生クリーム … 50cc

A
・卵白 … 1個
・玉ねぎ(みじん切り) … 1/2
・レモン汁 … 大さじ1
テリーヌ 材料
※パウンドケーキ型 12cm×6cm×7cm(深さ)

下準備

大きな鍋に水を張り、低温調理器で85℃付近まで温度を上げておきましょう。

作り方

1.鮭は皮と骨を除き、塩をふって10分程度おく。
その後キッチンペーパーで水気を拭き取る。

注意ポイント

塩を振っておくことで生臭さを消し、ほんのり下味を付けます。
今回は湯煎で作るので、特にこの下処理をしっかりしておかないと、生臭い仕上がりになってしまいます。

2.いんげんはさや、筋を取り除いて軽く塩茹でしておく。
その後長さ5mmに切り、パプリカも5mm角ほどに切る。
いんげん テリーヌ 作り方
3.1の鮭をフードプロセッサに入れ、Aの材料も入れたら、滑らかになるまで撹拌する。
テリーヌ 作り方
4.その後生クリームを数回に分けて入れ、しっかり混ぜる。
テリーヌ 作り方
5.いんげんとパプリカも入れて混ぜる。
テリーヌ 作り方

6.パウンドケーキ型にクッキングシートを敷き、5を入れる。
表面が平らになるようヘラでならし、上にアルミホイルを被せておく。
テリーヌ 作り方
7.下準備でお湯を張っておいた鍋に6の型を入れる。
型の八分目あたりまでお湯がくるように、高さを調節する。
テリーヌ 作り方
8.低温調理器を85℃50分にセットし、調理開始。
(オーブンで作る場合は、お湯を張ったバットに入れて、160℃~170℃くらいで40~50分蒸し焼きにします。)

9.時間がきたら型から取り出し、粗熱をとって冷蔵庫で冷やす。
テリーヌ
その後切り分けてお皿に盛り付け、完成♪
テリーヌ
お好みでハーブを添えてもオシャレですよ!

好きな具材でオリジナルテリーヌ作り♪

いかがでしたか?
今回はお魚のテリーヌをご紹介しましたが、お肉で作ってももちろん◎
好きな具材を混ぜて、蒸し焼きにするだけで作れる簡単テリーヌは、ホームパーティでも大活躍!
テーブルを華やかにしてくれますよ♪

基本のペーストに、色のある野菜を混ぜてみるとカラフルで可愛いテリーヌができあがります!
別々の具材で2層のテリーヌにしてみるのもアリですよ♪
ぜひ、作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

フランス料理に挑戦してみたくなったらこの本!

いちばんやさしいシンプルフレンチ
フランス料理の基本講座
おもてなしのシンプルフレンチ

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

レシピ Ranking

All Ranking

New

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.