感動&涙の話題作☆ハンカチなしでは読めないオススメ小説5選!

公開日:

更新日:

ふとした時に、感動する本を読みたくなることってありますよね。
涙を流してスッキリすることで、意外とストレス発散にもなったりするんですよ。
テレビや映画を見て泣くのもいいですが、小説だと自分の頭の中で自由に描写を設定できちゃいます。

今回は、話題作から海外作品、有名作家さんのおすすめの本を集めました。
ただ涙を流すでも、悲しくて泣くでもなく、感動して自然と涙が溢れるような作品をご紹介します!

2019年本屋大賞 大賞✩

『 そして、バトンは渡された 』 瀬尾 まいこ

本 そして、バトンは渡された

photo by Amazon

瀬尾まいこさんの作品は家族小説や青春小説が多く、本屋大賞に選ばれたことで、2019年はさらに大注目の作家さんです。
温かみがあって、家族の絆をあらためて感じさせてくれたり、「大丈夫」と優しく言われている気持ちになります。

文章が読みやすいと定評がある上に、どの作品もテーマが深く、前向きにさせてくれますよ。
瀬尾まいこさんの作品を1つでも読めば、きっと瀬尾ファンになること間違いなしです♪

商品をもっと見る

スポンサーリンク

本でも映画でも大号泣の話題作✩

『 八日目の蝉 』 角田光代

本 八日目の蝉

photo by Amazon

あらすじ

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。
理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。

引用元:版元ドットコム

この作品は、本を読まない人でも知っているんじゃないでしょうか?
映画も話題になり、第35回日本アカデミー賞で10冠をとっているんです♪

悲しい作品にも感じますが、大きなテーマで見ると強い「愛」を感じられます。
小説を読んでも、映画を見ても大号泣な作品。
まだ、どちらも見たことがないという人がいれば、今から見ても絶対に損はなし♪
小説からでも、映画からでもお好きな方から見てみてくださいね!

商品をもっと見る

NYタイムズベストセラー第1位✩

『 ワンダー 』 RJ・パラシオ

本 ワンダー R・J・パラシオ

photo by Amazon

あらすじ

「いじめ」を題材にした児童向けの小説ですが、本書はその枠におさまらず、多くの人を魅了して米国ではNYタイムズベストセラー第1位になりました。今回、全国の書店員さんなどたくさんの方に原稿を読んでいただきましたが、みなさんから「感動した」「私の中で何かが変わった」など、熱い感想をいただいています。物語は主人公のオーガストだけではなく、同級生や姉など多数の視点から、それぞれの立場、それぞれの感じ方がリアリティを持って語られています。読者はその中の誰かに共感し、誰かの想いを感じ取り、自分の中の何かを変えていきます。そういう力を持った本です。アメリカでは口コミで広がっていったというのもうなずける、言葉と物語の力を感じる傑作です。担当編集社として、この本を売りたいというよりも、一人でも多くの人に読んでもらえたら編集者冥利に尽きると考えて編集をしてきました。会社としても大変力を入れている1冊です。全世界300万部の感動作、ついに刊行!

引用元:版元ドットコム

登場人物の様々な視点で展開していくストーリーに、優しくなったり緊張したりし、読み始めるとあっという間に終わってしまうくらい、ストーリーが面白く分かりやすいです♪

「いじめ」を題材にしているからこそ、今の子供たちに読んでもらいたいし、この本を読んでどんな感想を持つのかも知りたい、そんな作品です。
小学生・中学生の読書感想文にもおすすめですよ!

商品をもっと見る

スポンサーリンク

ファンタジー感動作✩

『 青空のむこう 』 アレックス シアラー

本 青空のむこう

photo by Amazon

あらすじ

ぼくはまだ決めかねてた。アーサーはぼくに背中をむけて歩きだした。そのとたん、エギーやママやパパや友だち、ぼくが知ってる人たちの顔が次々に浮かんで、どうしてももう一度会いたくなった。みんながいなきゃ生きていけない。死んでることだってできない。すぐにぼくは決心した。アーサーの後を追いながら呼びかけた。「待って、アーサー。ぼくも行く」アーサーは立ち止まってぼくを待った。それからふたりで駆けだした。”生者の国”を目指して-。

引用元:版元ドットコム

交通事故で亡くなってしまった少年の話ですが、暗い話ではなく読み終わる頃には、ホロリと涙が溢れていることに気づくような作品です。

周りの人を思いやる心や、命の大切さ、1日1日をどう大切に生きようかと感じさせてくれます。
読みながら、今自分が生きていることがどれだけ素晴らしいことなのか身に染みます。
この海外の作家さんは、子供視点のストーリーが多く女性に人気なんです♪

商品をもっと見る

大人が読むべき作品✩

『 青い鳥 』 重松清

本 青い鳥

photo by Amazon

あらすじ

村内先生は中学の臨時講師。言葉がつっかえて、うまくしゃべれない。
でも、先生は、授業よりもたいせつなことを教えてくれる。
いじめ、自殺、学級崩壊、児童虐待…すべての孤独な魂にそっと寄り添う感動作。

引用元:版元ドットコム

重松清さんの作品と言ったら、必ず心を揺さぶられると言っても過言ではないです!
社会に訴えかけるようなストーリーだったり、家族や友達・いじめの内容をズシッと心に響かせてくるような作品が多いです。

この作品も中学校を舞台にし、登場人物の先生が言う素敵なセリフがたくさんあるんです。
こんな先生が周りに一人でもいれば、悩みや不安を持っている子供たちが笑顔になれる日が来るんじゃないだろうか?
そんな風に深く考えさせられます。

子供も大人にも読んで欲しい、優しい気持ちになれる本です。

商品をもっと見る

スポンサーリンク

誰もいない空間で読むのがおすすめ✩

いかがでしたか?
今回ご紹介した本は、ストーリーに引き込まれると、周りに人が居ても涙が止まらなくなり、心温まる作品ばかりです。
子供から大人まで楽しむことができるのでおすすめですよ♪
他にも感動作品はたくさんあるので、好みの小説を見つけてくださいね!

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.