事前に防ごう!確認しておきたいシェアハウスのトラブル回避法!

公開日:

投稿日:2018/10/13 更新日:

最近ではシェアハウスもポピュラーとなり、これからシェアハウスに住む!という方も増えているのではないでしょうか。
せっかくシェアハウスに住むのであれば、トラブルなく生活したいですよね!

そんな方のために、事前に確認しておきたいシェアハウスのトラブル回避法についてお教えします!

自分が普通だと思わない

住むシェアハウスにもよりますが、シェアハウスは職業や年齢、性別などバックグラウンドの異なった人たちが集まります。
考え方もライフスタイルも人によって違うため、相手を否定するのではなく、その違いを「こういう考え方もあるんだ!」と楽しめると良いでしょう。
また、相手の立場に立つというのも大切です。
パーティーを開催するにも、職業によって休日がバラバラだったり、学生は定期テスト前は多忙であったり、1つ日程を決めるにも、いかに相手を考えて行動できるかが重要です。

スポンサーリンク

共有スペースを清潔に保つ

共有スペースを綺麗に保つことができれば、みんなで気持ちよく生活することができます。
シェアハウスによっては業者を雇って掃除をしてもらう場合もありますが、ハウス内で掃除をする場合は協力してやりましょう。
その際に当番制にするなど、不満が起きないように全員で参加できるような仕組みを作ると良いです。
また、パーティー終わりなど全員が集まるタイミングに、みんなで一気に掃除をしてしまうのもありです。
その他に、リビングに私物を置かないなど、みんなで綺麗な空間を使えるように意識していきましょう。

シェアハウスに友人や恋人を連れてくる時は要確認!

シェアハウスに人を招き入れる際は注意が必要です。
そもそも人を家に呼ぶことや泊めることはできるのか、ルールを確認しましょう。
もし可能である場合は、事前にハウスメイトに伝えておくのが良いでしょう。
シェアハウスは自分だけの空間ではなく、普通に生活をしている人もいます。
連れてくる人数や、時間帯、話し声のボリュームなどに配慮し、共有スペースを占領しすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

持ち物には名前を書く

買っておいたものを勝手に食べられた!というトラブルをよく耳にします。
同じ家に住んでいると、近くのスーパーで同じものを買うということがよくあります。
そのため、自分のものには必ず名前を書くようにしましょう。
いちいち名前を書くのが面倒であったり、直接マジックで文字を書けないものは、代わりにマスキングテープを貼ると目印になります。

ハウスメイトだけでなく近隣住民にも配慮する

シェアハウスに住むにあたり、ハウスメイト間だけでなく、近隣住民への配慮も欠かさないようにしましょう。
ついついパーティーなどで盛り上がると騒がしくなってしまい、騒音トラブルにつながることもあります。
夜になったら窓を閉める、声のボリュームに気をつけるなど注意をしましょう。
また、ゴミ出しなど地域ごとにルールも存在するので、事前に確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

相手への配慮で事前にトラブルを回避できる!

一度相手の立場に立ってみることで、より暮らしやすい環境が見えてきます。
相手への配慮を忘れず、みんなで快適に暮らせるシェアハウスを作っていきましょう。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

All Ranking

New

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.