読書初心者でもハマる!?本好きがすすめるミステリー小説5選

公開日:

投稿日:

読んでみたい本はあるけれど、文字を見続けるのが苦手だったり、読み始めるまでに時間が掛かってしまったり。そんな経験ありませんか?

途中で飽きてしまうのは、実は最初の本選びに失敗している可能性が?!
今回は普段本を読まない人や、これから本を読んでみよう初心者さんへ、おすすめのミステリー小説をご紹介します♪

初心者の方におすすめのジャンルは…

字を読んでいると、眠くなってしまうことってありますよね。
そんな方には、ミステリー系の小説がおすすめ!

ミステリー系だと先の展開がついつい気になってしまうので、最後まで楽しく読むことができますよ♪

1.『 木曜日の子ども 』 重松清

ミステリー小説

photo by Amazon

あらすじ

「世界はこんなに弱くてもろくて、滅ぼすなんて簡単なんだってことを……ウエダサマが教えてくれたんですよ」

7年前、旭ヶ丘の中学校で起きた、クラスメイト9人の無差別毒殺事件。
結婚を機にその地に越してきた私は、妻の連れ子である14歳の晴彦との距離をつかみかねていた。
前の学校でひどいいじめに遭っていた晴彦は、毒殺事件の犯人・上田祐太郎と面影が似ているらしい。
この夏、上田は社会に復帰し、ひそかに噂が流れる――世界の終わりを見せるために、ウエダサマが降臨した。
やがて旭ヶ丘に相次ぐ、不審者情報、飼い犬の変死、学校への脅迫状。
一方、晴彦は「友だちができたんだ」と笑う。信じたい。けれど、確かめるのが怖い。
そして再び、「事件」は起きた――。

引用元:版元ドットコム

重松清さんは命の重さ尊さや、人々が抱える心の葛藤など様々なストーリーで多くの読者を虜にしている作家さん。

この小説はフィクションでありながら、日常の人間の黒い心が垣間見える作品になっています。

父親の息子を信じたい葛藤であったり、家族のストーリーから始まりますが、展開が進むにつれ、「恐ろしいけど気になる」そんな感情に…。
家族とはなにか?現代社会に生きる人、特に若い世代の人の心にグサッとささるストーリー!

商品をもっと見る

2.『 告白 』 湊かなえ

ミステリー小説

photo by Amazon

あらすじ

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。
語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。
衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!”特別収録”中島哲也監督インタビュー『「告白」映画化によせて』。

引用元:版元ドットコム

今やミステリー小説といったら、この人!ともいえる存在。
湊かなえさんは、人間のドロドロした心情のリアルさが人気で読み出すと止まらず、最後のページまでがあっという間に感じさせます。

この小説は、最初に犯人がわかるというミステリー系では珍しいパターンですが、そこからの復讐劇の展開が面白さのポイントに♪

デビュー作でヒットしたことで更に注目され、映画化もされている大ヒットの作品ですよ。

商品をもっと見る

3.『 完璧な家 』 B・A・パリス

ミステリー小説

photo by Amazon

あらすじ

郊外の豪華な邸宅で暮らすグレース。ハンサムで優しい夫にも愛され、人は彼女を“すべてを手にした幸運な女”と羨む。
だが、真実を知る者は誰一人いない――グレースが身も凍るような恐怖のなか、閉ざされた家で“囚人”同然の毎日を送っていることなど……。
理想の夫婦の裏の顔とは!? 発売後またたく間に話題沸騰、英国で100万部突破! 最後の1行まで目が離せない、サイコ・サスペンス。

引用元:版元ドットコム

旋律な帯タイトルに惹かれ手にした本。
こちらは海外の作家さんで発売後話題になり、英国でミリオンセラーとなった人気の小説なんです。

海外小説はハードルが高いと思われがちですが、この作品は読みやすくて早く次のページをめくりたくなるハラハラ感満載!の戦慄サイコ・サスペンスストーリー!

商品をもっと見る

4.『 どちらかが彼女を殺した 』 東野圭吾

ミステリー小説

photo by Amazon

あらすじ

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の”現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。
一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。
殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

引用元:版元ドットコム

ドラマや映画化の原作といえば、東野圭吾さん!といえる存在。
本を読まない人の中でも、名前は知っているという方も多いのではないでしょうか。

たくさんの小説の中から、この作品を選んだ理由はやはり読みやすさ!
そして、最終的に犯人を見つけるのは読み手である読者!?
読み終えても、またすぐに読み返しちゃうほど面白いんです☆

商品をもっと見る

5.『 ノースライト 』横山秀夫

ミステリー小説

photo by Amazon

あらすじ

横山ミステリー史上、最も美しい謎。熱く心揺さぶる結末。『64』から六年。平成最後を飾る長編、遂に登場。
一級建築士の青瀬は、信濃追分に向かっていた。たっての希望で設計した新築の家。しかし、越してきたはずの家族の姿はなく、ただ一脚の古い椅子だけが浅間山を望むように残されていた。
一家はどこへ消えたのか? 伝説の建築家タウトと椅子の関係は? 事務所の命運を懸けたコンペの成り行きは? 待望の新作長編ミステリー。

引用元:版元ドットコム

横山秀夫さんは、ミステリーの中にも人間の心の奥深さを感じさせられるストーリーが人気の作家さん。

この小説は、前作である「64」から6年ぶりの長編ミステリー。
後半は畳み掛けるように展開していく、ミステリーだけど爽やかな人間ドラマとも言えるでしょう!

ドロドロしたストーリーが苦手な方は、この小説から読み始めるのがおすすめですよ♪

商品をもっと見る

スポンサーリンク

“字を見る”のではなく“ストーリーを読む”

小説
まずは1日で全部読もうとせずに、毎日少しずつ読んでいくことから始めませんか?
本を持ちたくない人は、電子書籍もあるのでそちらを活用してみるのも◎

字を見るという感覚よりも、ストーリーを読むという感覚で小説を楽しんでみましょう!
魅力を知って、きっとあなたも本の虜になるかも♪

ぜひ、お好みの小説を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

All Ranking

New

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.