まるでモロゾフ!?ヨーグルトで作るヘルシー×簡単!絶品ベイクドチーズケーキ♡

更新日:

投稿日:2019/01/17 更新日:

おいしいベイクドチーズケーキが食べたい!
でもダイエット中だし、カロリーが気になる・・・
そんな方におすすめなのが、生クリームの代わりに”水切りヨーグルト”を使った、ヘルシーだけど味は本格的な『ベイクドチーズケーキ』。
濃厚でなめらか、爽やかなレモンの香りは一口食べれば、まるで「モロゾフ」のよう!

材料(15cmケーキ型1台)

チーズケーキの生地

○ クリームチーズ … 200g
○ ヨーグルト … 400g
○ グラニュー糖 … 80g
○ 卵 … 2個
○ 薄力粉 … 大さじ3
○ レモン果汁 … 小さじ1
○ レモンの皮すりおろし … 1/2個分

ボトム

○ ビスケット … 50g
○ バター … 25g

下準備

1.型の底と側面にクッキングシートを敷いておく。

2.ヨーグルトは200gになるまで水切りしておく。

3.レモンの皮すりおろしにグラニュー糖を少々(分量外)をまぶしておく。

4.オーブンを180℃に余熱しておく。

スポンサーリンク

ボトムの作り方

1.ビスケットをポリ袋に入れ、めん棒などで細かく砕く。

2.バターをレンジで加熱して溶かし、1を加えて混ぜる。

3.型に2を入れ、コップの底やスプーンでギュッと押さえて敷き詰め、冷蔵庫で冷やしておく。

チーズケーキの生地の作り方

1.クリームチーズはレンジに30〜40秒加熱して柔らかくする。

2.ボウルにクリームチーズ、水切りヨーグルト、砂糖を入れ、ホイッパーでなめらかになるまで混ぜる。

3.卵を溶き、2に1個ずつ加えてその都度よく混ぜる。

4.薄力粉を茶こしでふるい入れ、レモン汁、レモンの皮を入れて混ぜたら生地の出来上がり。
5.型を冷蔵庫から取り出し、4の生地を流し入れ、予熱したオーブンで180℃に45分焼く。
真ん中がふっくらと膨らみ、竹串をさして生地が付いてこなければ焼き上がり。

6.粗熱が取れたら、型に入れたまま冷蔵庫で一晩冷やして完成♪

スポンサーリンク

美味しく作るためのコツ&ポイント♬

・レモンの皮のすりおろしに、グラニュー糖をまぶしておくことで、レモンの香りが引き立ちますよ。

・クリームチーズがダマにならないようによく混ぜましょう。
でも混ぜすぎると、生地に空気が入りすぎて、焼いたときにひび割れの原因に!

・真ん中がふっくらと膨らむまでしっかり焼きましょう。
竹串を刺して何も付いてこなくても、オーブンから出すのが早いと冷ましたときに縮みます。

・カットするときは、ナイフを軽くあぶって温めると、きれいに切れますよ。

ヨーグルトを使って♪

今回は、生クリームを使わないヘルシーなベイクドチーズケーキの作り方と、おいしく作るためのポイントを紹介しました。
生クリームをヨーグルトに変えるだけで、かなりカロリーダウンできるので、”ダイエット中”や”健康に気を使っている方”にとってもおすすめ!

また、材料を混ぜて焼くだけの簡単なレシピだからこそ、ちょっとしたコツが大切。
味の決め手はレモンの皮のすりおろし☆
必ず入れて、作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

レシピ Ranking

All Ranking

New

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.