サクッとカンタン年賀状!手描きで気持ちを届けよう♥ダイソーのカラーペンが大活躍♪

更新日:

スポンサーリンク

プラセンタ

投稿日:2018/12/27 更新日:

SNSの普及により、年賀状を出す人は年々少なくなってきています。
今年は年賀はがきの値上げもあり、発行枚数も過去最低なのだとか。
それでも、届いたら嬉しいのが年賀状♡
ペンを使って手描きで書けば、さらに気持ちが伝わりますよ!

今回は、手描き年賀状におすすめのカラーペンをご紹介します。

【完成形】こんな感じに描いてみました。

photo by Instagram/cherrysage213

テイストは全く違いますが、ダイソーで購入した数種類のペンを使って、文字やイラストを描いてみました。

スポンサーリンク

ダイソーの「ツーウェイサインペン」

photo by Instagram/cherrysage213

今回メインに使ったのは、ダイソーの『ツーウェイサインペン』です。
暖色系と寒色系がそれぞれ5本ず入っています。

太芯が約3mmで、筆記線幅は1.5mm。
細芯が約2mmで、筆記線幅は0.5mm。

ブラウンとグレーが入ったタイプはレアなので、オススメ!
ボディに目印があるので、太芯と細芯も一目で区別できますよ。

複数使いで立体感を表現

photo by Instagram/cherrysage213

ペンの試し書きがてら、干支のイラストを描いてみました。
写真を見ながら描いたので、簡単とはいかなかったですが、複数の色を使うことで、立体感を出すことができました♪

スポンサーリンク

カリグラフィーマーカー大活躍!

photo by Instagram/cherrysage213

文字とイラストの輪郭には、前回の記事で登場したダイソーの「カリグラフィーマーカー」使用。
筆芯で線がくっきりはっきり表現できるので、とても重宝しますよ。

実の部分は、全てをベタで塗らずに白く残すことで、ハイライト効果を♪
葉も複数の色を使って、リアルに表現し、仕上げにゴールドのペンでドットを散らしお正月風に。
実や葉のパーツは簡単に描くことができるので、挑戦しやすいですよ!

シンプルな椿を鮮やかに

photo by Instagram/cherrysage213

椿の花を簡素化して描いてみました♪

こちらも「迎春」の文字と、イラストの輪郭には「カリグラフィーマーカー」の筆芯を使用。
ツインペンの淡いミントグリーンも、黒の引き締め効果でくっきり鮮やかに見えます。
葉を全部塗らないことで、葉脈を表現しています。

スポンサーリンク

洋風にチャレンジ♬

photo by Instagram/cherrysage213

全体的に淡いパステル調で、優しい雰囲気に。
クローバーや単純な図形も、遊び心を入れ大小をつければ、リズム感が生まれますよ。
ドット入れ、仕上げには、シルバーとちょっぴりゴールドもプラスしました。

超ラブリーなハート♡

photo by Instagram/cherrysage213

Sweetなハートで可愛く描きたい方に!
ピンクとブラウンは、ストロベリーチョコレートを思わせる甘い組み合わせ。
ツインペンの特性を活かし、輪郭を太芯で、中の模様の一部や小さいハートは細芯を使って描きわけました。
干支のイノシシも、鼻をハートに♡♡
遊び心いっぱいのイラストは、女の子ウケしそうです。

スポンサーリンク

まずは書く人が楽しんで♬

慌ただしい時期ではありますが、新しいペンを試し書きするのもワクワクするもの。
年賀はがきを書くのは年に一度のこと。
せっかくの日本文化をしっかり楽しんで、思いを相手にも贈りたいですね!

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

100YEN Ranking

All Ranking

New

スポンサーリンク

オールインワンサプリ Flavita

Copyright© bestive , 2020 All Rights Reserved.