みんな大好き★じゃがいもと豚ひき肉だけでつくる!「簡単時短コロッケ」

更新日:

スポンサーリンク

プラセンタ

投稿日:2018/12/03 更新日:

子供から大人まで、大人気のコロッケ♡
好きな材料を入れて、アレンジできるのもコロッケの魅力ですよね♪
しかし、コロッケというと手間がかかり、大量の油を使うイメージはありませんか?
実は、じゃがいもと豚ひき肉だけで、簡単に作れるんです!
今回は、食卓に笑顔が溢れる「簡単時短コロッケ」をご紹介します。

材料(普通サイズ6個分)

○じゃがいも … 中5つ(大なら4つ)
○豚ひき肉 … 180〜200g(お好みの量でok)
○塩コショウ … 適量
○小麦粉 … 大さじ5〜6
○卵 … M〜Lサイズ1個(Sサイズなら2個)
○パン粉 … 大さじ10〜12
○サラダ油(揚げる用) … フライパンの底が隠れる程度

スポンサーリンク

作り方

1.フライパンで豚ひき肉を炒めます。(油は不要!)
色が変化してきたら塩コショウを振り、味にまとまりを出します。
※少し多めに塩コショウをすると、じゃがいもを加えたときに丁度いい味になります。

2.じゃがいもの皮を剥き、2cm位の大きさに切って水にさらします。

3.水にさらしたじゃがいもを耐熱皿に移し、電子レンジの600Wで5分ほど温めます。
※じゃがいもの固さをみながら、時間を調整しましょう♪
楊枝などが、最後まで刺さればok!

4.お好みで温かいうちに、じゃがいもを潰します。
※全て潰さなくても食感を楽しめますし、時短にもなりますよ♪

5.炒めた1の豚ひき肉と、潰したじゃがいもを混ぜ合わせます。

6.混ぜ合わせたものを6等分にして、丸く形をつくります。
※先に小麦粉をラップや皿に敷き、形成したタネをおくと時短に!

7.小麦粉→卵→パン粉の順番で、タネに衣をつけていきます。

8.フライパンの底が隠れるくらい油を引き、180℃位の中火で揚げます。

9.両面が、こんがりきつね色になったら完成♡
※揚げた後に、しっかり油を切ると冷めてもサクサクになります!

ポイントは、少し多めの塩コショウを振ったタネと、食感を残したじゃがいもです。

ボリュームたっぷりで、お子さまや旦那さまが笑顔になること間違いなし♪
タネは1週間ほど冷凍保存が可能!
作り置きして、仕事が遅いときや忙しいときにも簡単ですよ☆

コロッケというとどんなイメージがありますか?


街の商店街やスーパーだけでなく、デパ地下や路面店にもありますよね!
お店のこだわりが詰まった定番コロッケから、変わり種コロッケまで種類がたくさん♡
隠し味に牛乳や生クリーム、麺つゆ、出汁を入れるのも◎

「我が家のコロッケはこれ!」といえるような、美味しいコロッケを作って喜んでもらいましょう☆

スポンサーリンク

じゃがいもの魅力って?


年中手に入るじゃがいも。
揚げたり、焼いたり、蒸したり、煮たりして美味しく食べられるのが魅力的♪

じゃがいもには、デンプンをはじめ、ビタミンB群、ビタミンC、葉酸、カリウム、マグネシウムなどの栄養素が含まれています。
実は、トマトやきゅうりよりもカリウムが豊富で、むくみの予防や改善にも効果的♡
また、デンプンがビタミンCを守り、加熱しても栄養を逃がしにくいという特徴があるため、効率よくビタミンCを摂取できるんです。
ビタミンCには、老化や病気原因となる活性酸素の増加を抑える「抗酸化作用」が♡
ビタミンCと同じ抗酸化作用のある、ビタミンEと一緒に摂取することで、健康と美容に良いですよ!

作る人も食べる人もみんなが嬉しい!簡単時短コロッケ

いかがでしたか?
子育てや仕事をしていると、つい忙しくて出来合いの食べ物に頼りがち。
特に、揚げ物は作る手間や片付けが、面倒に感じますよね。
売られている揚げ物も美味しいですが、使用している油やカロリー、栄養が気になるところ…
自宅で簡単に時短できるコロッケで、ぜひ食卓に笑顔を咲かせましょう。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

レシピ Ranking

All Ranking

New

スポンサーリンク

プラセンタ

Copyright© bestive , 2020 All Rights Reserved.