オイル美容ってどんな効果があるの?ケアの方法は?

公開日:

投稿日:2019/09/13 更新日:

「夏に女は年をとる」と言われていますが、肌のゴワつき、化粧のりの悪さなど感じてる方も多いのではないでしょうか?
近年ではオゾン層の破壊による紫外線量も増えたり、猛暑による冷房の使用からの肌への良くない影響がいっぱいです。
季節の変わり目にはどんなお手入れをされていますか?
今回は1本でマルチな使い方ができるオイル美容のご紹介をします!

オイルの種類ってどんなのがあるの?

オイルにも様々な種類がありマルチに使える物が多いですが、ご自身の使うタイミングと用途に合わせてお選びください!

酸化しにくいオイル

○アルガンオイル
○ココナッツオイル
○ホホバオイル
○ツバキ油
○オリーブオイルなど

酸化しにくいオイルは、朝にも使えるのでオススメです!
アルガンオイル、ココナッツオイル、ホホバオイルに関しては、日焼け対策にも良いと言われています。
ただ、酸化しにくいとはいえ、直射日光を長時間浴びるようなタイミングなどは避けたほうが良いです。

酸化が早いオイル

○グレープシードオイル
○ローズヒップオイル
○スイートアーモンドオイルなど

肌に良いオイルでも、日中使うことによってシミになったりもします。
就寝前のケアなどに使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

オイル美容でできること その1『角質ケア』

夏の洗濯物がパリッと乾くように、お肌も硬く厚くなっています。
夏を過ごしたお肌はパサパサのミルフィーユ状態です。
パサパサな角質が沢山たまっていると化粧品の浸透も悪く、化粧のりも悪くなってしまいますよね(◞‸◟)

洗顔後1番に使って柔らか肌に♪

洗顔後にオイルを適量取り、お顔全体をマッサージするようになじませてみて下さい。
ごわついていた肌が滑らかな肌触りになりますよ!

オイル美容でできること その2『水分キープケア』

エアコンの室外機から出る大量の水…。
お肌からも水分をたくさん奪われていると思うとゾッとしますよね。
乾燥した真冬の肌より、冷房をきかせた室内にいる時の方が肌の水分量は少ないとも言われています。

化粧水の後に使ってモッチリ肌に♪

化粧水の後に3〜4滴取り、お顔全体を包み込むようになじませて下さい。
気温が低い時期は手の平で温めるようにすると肌温度が上がり、代謝もアップしますよ!

スポンサーリンク

オイル美容でできること その3.『ヘア&ボディケア』

気温や湿度が下がると、お顔だけではなく身体も乾燥しますよね。
洗い物などでお湯を沢山使うと必要な油分も奪われて爪も乾燥したり、ささくれが出来たりします。

また、肘や膝、かかとなどもガサガサしてくるのではないでしょうか?

お風呂上がりや寝る前につけて油分補給♪

お湯を使った後は、出来るだけ早く補給するのがおススメです!

ヘアは寝る前なら洗い流さないトリートメントとして、朝のお出かけ前ならツヤ出しに♪

気温の低下と共に、髪の毛もパサついたり静電気で広がってしまったりしますよね。
うるおいを与えることにより、ヘアトラブルも抑える事ができますよ!

まとめ

1本で何役もの効果がらあるオイル♪
夏はベタつきを懸念されていた方も秋からのお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか?
パッケージや色が可愛い物も多いので、プレゼントにしてもきっと喜ばれると思いますよ(^^)

オイルを探してみる

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

スキンケア Ranking

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.