【2019】ナツイチ文庫フェア☆この夏に読みたいおすすめ小説5選

公開日:

投稿日:

まだまだ暑い夏が終わりませんね~!
この時期、本屋さんに行くといろんな文庫フェアが開催されていること知っていますか?
本屋さんの一番目立つところに文庫本がぎっしり並んでいますよ。

今回はたくさんの出版社の中から、集英社文庫が開催している「ナツイチ」からおすすめの本をご紹介します。

集英社文庫が開催している「ナツイチ」

2019/7/21より「あの一行が、鳴り止まない。」というキャッチコピーで、現在フェアを開催中!
全国の参加書店で対象文庫を一冊購入すると、今ならその場で「しおり」をひとつプレゼント♡
※なくなり次第終了となりますのでお早めに♪

夏が終わっても、読書の秋が訪れるので読書好きの方は要チェックですよ◎

ドキドキする本からおすすめ✩

ブルックリンの少女 ギヨーム・ミュッソ (著), 吉田 恒雄 (翻訳)

ブルックリンの少女

photo by Amazon

失踪した恋人アンナの行方を追うラファエル。元刑事マルクと調査を進めると、過去の連続少女拉致監禁事件や不審な死亡事故に突き当たり……。仏No.1ベストセラー作家が贈る、息もつかせぬサスペンス長編

引用元:版元ドットコム

フランスでベストセラーになった作品です。
フランス文学ってあまり知られていないですが、とても面白いんです♪
翻訳されないものも多くて、日本人がフランス文学を手に取る機会が少ないのが残念です。

この作品はサスペンスミステリー
翻訳もとても読みやすくて、謎を追いかけるのに必死になってしまいます。
スピード感があり、あっという間に読み終えてしまいます。
まるでドラマや映画を見ているような気分になるほど☆

商品をもっと見る

スポンサーリンク

切ない本からおすすめ✩

娼年 石田 衣良 (著)

娼年

photo by Amazon

恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく…。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。

引用元:版元ドットコム

松坂桃李さんで映画化もされて話題になってましたね。
初めて読んだときの衝撃は、今でも忘れられないほど!
性描写がたくさんあるのに下品な感じは全くなく、むしろ描写がとても綺麗なんです。

女性の持っている欲望の奥深さを垣間見た気がします。
性の表現だけじゃなく、優しさ・感動・癒やしなどもぎゅっと凝縮されている作品です。

いつもと違う小説を読みたいなら、この作品がおすすめです。

商品をもっと見る

すっきりする本からおすすめ✩

太陽のパスタ、豆のスープ 宮下 奈都 (著)

太陽のパスタ 豆のスープ

photo by Amazon

結婚式直前に突然婚約を解消されてしまった明日羽。失意のどん底にいる彼女に、叔母のロッカさんが提案したのは”ドリフターズ(やりたいこと)・リスト”の作成だった。自分はこれまで悔いなく過ごしてきたか。相手の意見やその場の空気に流されていなかっただろうか。自分の心を見つめ直すことで明日羽は少しずつ成長してゆく。自らの気持ちに正直に生きたいと願う全ての人々におくる感動の物語。

引用元:版元ドットコム

優しく元気をくれる素敵な作品。
主人公がどん底に突き落とされるところから始まり、ここからどう這い上がれるのかな?と心配になりましたが、少しずつ少しずつ変わっていく主人公に心打たれます。
読み終わる頃には自分も少し前向きになれているような気がします。

今に満足していない方や、何か立ち止まってしまっている方にとってもおすすめですよ♪
読んだ人は「ドリフターズリスト」作ってしまうかも!?
すっきりする本に選ばれているのが納得のすっきり作品です。

商品をもっと見る

スポンサーリンク

ほっこりする本からおすすめ✩

ひとりずもう さくら ももこ (著)

ひとりずもう

photo by Amazon

誰もが知ってるさくらももこさんのエッセイ!
とにかく面白い!他にも数多くエッセイを出しているのですがどれも面白い♪

お馴染みのまる子のようなダラダラしたエピソードから、夢に向かって走り出すエピソード、デビュー秘話など盛りだくさんです。
まるちゃんが書いていることを想像しながら読むとさらに楽しくなります♪
クスクス笑えて感動もして胸がいっぱいになる作品ですね。

まだまださくらももこさんのエッセイが見たかったですが、昨年に旅立たれてしまったので残念です。 

商品をもっと見る

なるほど!な本から✩

芸人と俳人 又吉 直樹 () 堀本 裕樹 ()

芸人と俳人

photo by Amazon

「俳句は怖いものだと思っていた」というお笑い芸人・芥川賞作家の又吉直樹が、俳人・堀本裕樹に教えを乞う。季語、切字から句会、吟行……。俳句のイロハがわかる一冊。(巻末エッセイ/最果タヒ)

引用元:版元ドットコム

「火花」で作家として有名になった又吉直樹さん。
俳人・堀本裕樹さんから俳句を学ぶという本です。
一見面白いの?と疑ってしまいますよね。

全く俳句のことなんてわからなかったけど、それでも楽しく読めます♪
この本を読み終わったあとに一気に俳句への関心力が高まりました!
又吉直樹さんの視点が読者側に近いから読みやすいですよ。

また、又吉直樹さんの独特の感性が炸裂していて、「火花」が大ヒットした理由がなんだかわかる気がします。
又吉直樹さんってすごい…!

商品をもっと見る

スポンサーリンク

ナツイチで楽しさ倍増✩

 いかがでしたか?
ナツイチ公式サイトを覗くと他の作品も見ることができるので、ぜひ見てくださいね♪
おすすめしたい本はもっとたくさんあるので選ぶのに困っちゃいます♪
文庫本なので小さくて持ち運びに邪魔にならないのでおすすめです。

他の出版社も文庫フェアをやっているので、またご紹介しますね♪

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.