コレを知っておけば飲み会も怖くない。ダイエット中でも大丈夫!居酒屋での賢い食べ方で食事を楽しもう♪

公開日:

更新日:

急な飲み会。
社会人になると外食が多くなりますよね。
「ダイエット中なのに….。」
そう思いながら結局たくさん食べてしまう、なんて経験はありませんか?

今回は、そんな突然のお誘いでも安心!
ダイエット中の居酒屋でのおすすめメニューをご紹介します。

■飲み方を意識したい「お酒」の種類

居酒屋といえばお酒。
しかし、「お酒はダイエットの天敵だ!」と思っている方も多いのではないでしょうか?
実は、お酒はその種類を意識すればダイエット中でも飲んでOKなんです。

・ビールやカクテル、日本酒は控えて!

「とりあえずビール!」
飲み会の席ではそう言ってしまいがちですが、ダイエット中のビールはおすすめしません。
ビール
“ビール腹”といわれるほど、ダイエットには向いていないビール。
ビールを飲むと甘い!と感じることはありませんか?
それは、糖質が多く含まれているから。

近年、「糖質制限ダイエット」が流行っているほど、糖質とダイエットは切っても切り離せないもの。
その糖質が多く含まれているお酒と、揚げ物を同時に食べていたら、脂肪がつかないわけがありません!

カクテルや日本酒もダイエットに不向き?

・カクテルなどのリキュール系はアルコール度数が弱いので、おつまみを多く食べてしまいがちです。
・日本酒は基本的にお米でできているため、炭水化物を水のように飲んでいるのと一緒。
いくら朝食やランチでご飯や麺類を控えていても、日本酒を飲んだら一緒のことなのです。

じゃあ、何を飲めばいいの?

・お酒を飲むなら『蒸留酒』を飲みましょう!

蒸留酒とは?
アルコール発酵液を蒸留させてつくるお酒のこと。
蒸留酒

要するに、ビールやリキュール、日本酒などの醸造酒を蒸留させたのが、【ウイスキー・ジン・焼酎】なのです。
これらの蒸留酒は糖質が少なく、アルコール度数も高いので飲みすぎないという特徴があります。

ダイエット中のお酒には蒸留酒である、【ウイスキー・ジン・焼酎】がおすすめ。
お酒の席では『蒸留酒』を飲むことを意識しましょう♪

スポンサーリンク

■ダイエット中の「おつまみ」の選び方とは?

さて、ダイエット中に選びたいお酒をご紹介いたしましたが、続いては迷ってしまいがちな、ダイエット中のおすすめ”おつまみ”の選び方を見ていきましょう。
少し意識するだけで、ダイエット成功の近道になりますよ。

・枝豆やお漬物など、軽めのもので!

お酒を飲むと、おつまみをたくさん食べてしまう人も多いですよね?
そんなときは、枝豆やお漬物など、野菜中心の少量おつまみでお腹を満たしましょう!
おつまみ
また、エイヒレやチャンジャ、たこわさなどもローカロリーな上に歯ごたえがあるため、満腹感を得ることができますよ♪
サラダ おつまみ
枝豆も、塩っ気が多いものは控えるなど、塩分バランスを考えることも大切なんです。

・サラダやお刺身、お肉を中心に!

ダイエット中に控えてほしいのが、揚げ物や脂っこいもの。
「サラダ」と名前が付いているものの、”ポテトサラダ”はNGです。
じゃがいもなど糖質が多くカロリーも高めの材料が使われているので、ダイエット中のサラダ枠でオーダーするのはやめましょう。

まずサラダを頼み、お腹を満たします。

お刺身

それから、酵素がたくさん含まれている「お刺身」を食べましょう!
実はダイエットに向いているヘルシーメニューなんです!
お刺身

ダイエット向きのお刺身ネタは?

■マグロ

お刺身の定番、マグロのカロリーは100gで約130kcal。
お刺身 居酒屋
マグロの赤身はダイエットに向いています。
高タンパク質で、かつ低脂質なので、大トロや中トロよりは赤身を中心に食べましょう。

■サーモン

どんな人からも大人気、サーモンのカロリーは100gで約140kcal。
お刺身 サーモン
サーモンには、健康維持におすすめの「オメガ3脂肪酸」という成分が含まれています。
また、大根おろしと一緒に食べることで血糖値の急激な上昇を防ぐといわれているため、食べ方としてダイエットにオススメ。

■カワハギ

カワハギは、100gで約80kcalと低カロリーなお刺身ネタです。
お刺身 カワハギ
高タンパク質な上に、低脂質。
「良い脂」といわれているDHAやEPAも豊富に含むといわれているため、ダイエットだけでなく美容にも嬉しいお魚です。

■ホタテ

高タンパク質で脂質も少なく、さっぱりなのにコクがあるため、満足感もあります。

化粧水にも使われるという「コハク酸」を、アサリの約10倍も持っているんだとか。
美容成分を含んでいるなんて、嬉しいですね♪

お刺身で満足できないときは?

■馬刺し

お刺身 馬肉
ダイエットに役立てたいお刺身ですが、「どうしても脂がのった魚が食べたい!」という時もあるでしょう。

そんなときにオススメしたいのが、高タンパク質で低脂質な”馬肉”。
赤身で低カロリーな馬肉は、ビタミンB群を含むといわれ、健康面でも美容面でもサポートしてくれる食材です。

お刺身とならび、馬肉のように「お肉」もダイエットにおすすめのメニューがあるんですよ♪

お肉

ダイエット中でも”焼き鳥”や”もつ煮”などは、必要なタンパク質も摂ることができるのでおすすめ。

ダイエット中に最適な”焼き鳥”の部位は?!

■ハツ

ハツはその名の通り「心臓」で噛みごたえがあり、ジューシーな食感が特徴。
鶏肉の中でも特にカロリーが低いといわれている「ハツ」は、そのコリコリとした食感で満足度を高めてくれます。
香ばしさを感じることができる塩味がベスト!
やきとり おつまみ
■レバー

低カロリー部位の中でも、特に女性におすすめなのが「レバー」。
亜鉛が含まれているといわれ、ミネラルが不足ぎみの人にも嬉しい部位です。
また、肌や髪のハリにもおすすめのレバーは女性の味方ともいえますね。
好き嫌いが分かれるものの、お酒好きにはたまらないおつまみとして大人気!

■砂肝

鳥の胃である砂肝は、コリコリシャキシャキとした食感が特徴。
焼き鳥だけでなく、ポン酢漬けや燻製など多種多様な調理法で幅広い人気がありますよ♪

■鶏もも・ねぎま

低カロリーとして知られている鶏肉は、それぞれの部位もローカロリーでタンパク質が豊富といわれており、脂質が少ないためダイエット中に最適!
「ねぎま」は野菜も一緒に摂ることができます。

■ぼんじりやつくねは気をつけて

反対に、ダイエット中に控えて欲しいのが、「ぼんじり」や「つくね」!
お酒にピッタリのぼんじりには脂がたっぷり…、サイズも小さいため、たくさん食べてしまう傾向に。
小麦粉と鶏肉を混ぜて作られたつくねは、カロリーや糖質が気になるところ。

それでもつくねが食べたい!そんなあなたへ朗報

つくねを食べたい方は、100%鶏肉を選びましょう♪
さらに卵と一緒に食べることで、タンパク質を豊富に摂ることができるのでダイエット中でも安心!
つくね

・締めの炭水化物、デザートはできれば×

飲むとついつい頼んでしまうのが、締めのごはんやラーメン、そしてスイーツ。
これらには、糖質も炭水化物も豊富に入っており、さらに高カロリー。
デザート スイート
飲み会だけでなく、普段の生活でも注意したいメニューのひとつです。

秘訣

最後に締めでガツン!と食べたくなる気持ちを、抑えられるか否かが、ダイエット成功の分かれ道。
「翌日のランチでしっかり食べよう♪」など、対策を考えましょう。

■居酒屋メニューの特徴を知ってダイエットを成功させよう♪

いかがでしたか?
ダイエット中の居酒屋は誘惑がいっぱい。
少し意識するだけでも、翌日のむくみやダイエット成功へ道のりが全然違います。
居酒屋メニュー
ぜひ、自分に合った居酒屋の楽しみ方を見つけてくださいね♪

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.