夜に小腹がすいたら…ピリ辛キノコスープと豆腐スープの夜食レシピ

更新日:

スポンサーリンク

美容サプリ プラセンタ

投稿日:2018/12/09 更新日:

早めにご飯を食べたら、夜に小腹がすいた…なんてことありませんか?
夜にたくさんご飯を食べてしまうと、カロリーが気になりますが、ちょっとしたスープなら罪悪感も少なく、ダイエット中でも食べれますよね。
今回は、そんな夜食スープレシピを2種類、ご紹介します♪

ピリ辛キノコスープのレシピ

材料

○ お好きなキノコ

スープ

○ 水 … 500cc
○ 中華だしの素
○ 濃口醤油+薄口醤油
○ 鷹の爪
○ ごま油

作り方

1.キノコを食べやすい大きさに切り、鍋に水・中華だしの素・鷹の爪・切ったキノコを加え、火にかける。
2.キノコに火が通ったら、醤油で味付けする。

ポイント

・醤油は,好みに合わせて調整してくださいね。
濃口醤油だけでなく、薄口醤油を混ぜて、塩味を調整するのもオススメですよ。

3.最後に、ごま油を数滴垂らし、香りをつけて完成♪

スポンサーリンク

豆腐スープのレシピ

材料

○ 出汁… 500cc
○ 薄口醤油 … 大さじ1
○ みりん … 小さじ1
○ 豆腐 … 1丁
○ かつおぶし
○ 刻み海苔
○ 炒りゴマ

作り方

1. 出汁を取る。

2. 豆腐を一口サイズに切って出汁に入れ、火にかける。

3.薄口醤油とみりんで、味を調整する。

4.お皿に盛り付けたら、かつおぶし・刻み海苔・炒りごまをかけて完成♪

出汁パックの常備が便利

一から出汁を取るのは時間がかかって大変ですが、出汁パックがあれば5分もしないうちに、おいしい出汁がとれます。

水に出汁パックを1つ入れ、火にかけ沸騰してからさらに2分加熱するだけ!
肉じゃがやお味噌汁の出汁にも使えますし、顆粒だしを使うより風味が良くなりますよ♪

スポンサーリンク

薄口醤油と濃口醤油

薄口のスープは、調味料の味がダイレクトに反映されるので、調味料を使い分けるとよりおいしいスープが作れます。
濃口醤油はコクが強く、薄口醤油は塩味が強いですが、色が濃くならないので素材を活かしたい料理にはピッタリです。
好みでブレンドを変えて、自分好みの味を見つけてみてくださいね♪

スープはダイエット中にも心強い味方

スープは手軽に作れて、ダイエット中でも食べれるので、得意レシピを持っておくと良いですよね♪
豆腐や春雨があれば、さらに満腹感を得ることができますよ。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

All Ranking

New

スポンサーリンク

美容サプリ プラセンタ

Copyright© bestive , 2020 All Rights Reserved.