高い天井は垢抜け感の秘訣!?オシャレ空間の理由は天井にあった!極上のお部屋の例5つ!

公開日:

投稿日:

日本の家ではなかなか見ない、天井の高い家。
天井が高いと物理的な空間が広いので開放感があり、お部屋全体が明るく見えます。
それに、天井が高いだけでどことなく高級感が出るので、リッチな気分を味わうことができます。

オシャレ好きな人が憧れる、天井の高いお部屋を見てみましょう!

高い窓から光が差し込む家

天井に沿って窓が並び、そこから日の光が差し込んでいます。
天井が高さを利用して窓を配置することで、自然な明るさでお部屋が包まれるようにしています。
天井がななめになっているのも特徴的ですね!

スポンサーリンク

縦長の窓がある家

高い天井に、縦長の窓。
とてもシャープで洗練された雰囲気の家です。
壁一面を窓にして、より開放感を演出しています。
高い天井を利用して、壁の高い位置にまで飾り棚を配置しているところも良いですね。
機能性と実用性のバランスが取れた空間になっています。

背の高い植物がある家

天井が高い家の良いところは、背の高い植物を無理なく置くことができるところ。
普通の家では植物の先端が天井に当たって窮屈に見えるけれど、天井が高いと空間に余裕があります。
無理なく背の高い植物を飾る。それだけでかっこよさが際立ちます。

スポンサーリンク

むき出しの階段がある家

白で統一された空間。その高い天井に向かって、黒いむき出しの階段が伸びています。
重い色である黒の階段がお部屋の中心近くにありながら圧迫感がないのは、やはり天井が高い効果でしょう。
天井が高いことで空間そのものが広いので、重い色をしたアイテムがあってもさほど目立ちすぎないです。
むしろお部屋のアクセントになっているので、とても洗練されて見えますね。

天井に木材の梁がある家

白色で統一された空間に、突如現れる木材の梁…
良く見ると床も木材なので、「木材を使うこと」自体はおかしなことではありません。
しかし、高い天井をあえて低くみせるような太い梁は、開放感を無くす代わりに安定感を演出しています。
天井が高いことをあえて強みにせずに、落ち着く空間を作り上げている例ですね。

スポンサーリンク

一度は暮らしてみたい、天井の高い家

天井が高い…ただそれだけで、空間に開放感と高級感、洗練されたインテリアになるって不思議ですよね。
家具の種類や配置にこだわるのも良いですが、人は空間に「余裕」を見つけると、そこに洗練された印象を持ちます。

そんなオシャレな空間で、一度は暮らしてみたい…そう思いませんか?

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.