ラグで作る!お気に入りの空間のある暮らし

更新日:

投稿日:2018/09/20 更新日:

一言にラグといっても、大きさ、色、素材いろんなバリエーションがありますよね。それに、季節によってサラッと心地よい足触りのものや、もこもこ暖かいものなど様々。

今回は、インテリアの中のアクセントにもなるラグを色々とご紹介します。

シンプルな空間も邪魔しない色合いをセレクト

ラグは敷きたいけど難しい、という方には、床と同系色の色合いのものがオススメです。
少し凸凹しているものなど、折り方に個性があるとアクセントにもなります。お部屋も広く感じますよ。

スポンサーリンク

海外の手作りの温もりを感じる、ラグを取り入れて♩

南ペルシアの遊牧民族によって織り続けられているラグのギャッべなど、少し高価ですが手作りの温もりがあり長い間使い込めるラグもいいですよね。
自分のお気に入りの柄を見つけるのも楽しみの1つです。

季節に合わせてプラス!素材を変えて楽しみましょう

これからの季節にぴったりなのが、毛の長いラグ。思わず寝そべってしまいそうですね。
普段のラグの上に小さなラグを重ねるだけでも季節感が出て、お部屋のおしゃれ度がぐっと増します。

スポンサーリンク

赤ちゃんにも安心!優しい素材をラグに

赤ちゃんがいるお家は、ラグも汚れてしまうし高価なものにも手を出しにくいですよね。
クッションマットも良いですが、韓国のイブルというマットをラグとして使うと、洗ってもすぐ乾くし優しい手触りで取り入れやすいですよ。

アクセントカラーとして!気軽に色をプラス

空間のアクセントに、ラグで色を取り入れるのもオススメです。そんなときは、クッションやフレームで同じ色をプラスすると、お部屋の雰囲気がまとまります。

スポンサーリンク

暮らしにマッチするラグで心地よい空間に

使い方によって空間をいろんな表情に変えてくれるラグ。

お部屋作りに、まずはラグを変えてみませんか?参考になるとうれしいです。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

インテリア Ranking

New

スポンサーリンク

flavita

Copyright© bestive , 2019 All Rights Reserved.